ここから本文です

画像はモルディブのリゾート地なのですが、奥と手前で海の色が違うのはなぜですか?

tar********さん

2015/3/609:54:01

画像はモルディブのリゾート地なのですが、奥と手前で海の色が違うのはなぜですか?

モルディブ,水分子,リゾート地,海底,浮遊物,手前,海中

閲覧数:
410
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tib********さん

2015/3/611:38:40

モルディブ島々は珊瑚礁で出来ています、海岸部はサンゴの白い砂で覆われていますが、少し沖合になると急激に深く成っています

海の色が青く見れるのは空の色を少しは映していますが、最も大きい原因は太陽光線の内青色だけを拡散しているのです、水に太陽光が当たって青色だけが強く拡散するからです
http://www.jha.or.jp/jp/jha/charts/story/2003/04_1.html

海の色が変わるのはお天気、潮の流れ、海水の成分、海の汚れに寄って作用されます、それに見る角度、海底の状況によって変化しますが基本的に太陽光線の強さによるのです
青い光は吸収されにくいのです、そのため海底まで光が届き、海底の砂に光が反射して青く見えます、しかし海の色は海底の色でだいぶ変わります、又、海が深いと光が海底まで届かないので黒っぽく見えます、極単に浅いと他の赤色のような光も届くので透明のままです、水たまりもそうですがもし青く見えたら鏡面現象によるものです、曇った日とかとる海が黒っぽく見えるのは太陽の光が無かったり、弱いためです
海でも海中に侵入した光は水分子によって散乱を受けます、それに海水は水分子以外の浮遊物が非常に多くそれらによってミー散乱が起こります、ミー散乱ではどの色の光でも同じように散乱されますが浮遊物の種類によってはその色が海の色に見えることもあります、大気と違うのは海面での光の反射で海中に光が侵入せずに大気中に跳ね返りが起こり海中で吸収が起こることです、水分子は赤から赤外線にかけての光をある程度吸収しますので水の純粋な色は青みがかった色なのです

お示しの写真の海の色が極単に違うのは手前のところは浅くて下が白い砂なので光が海底に届き反射して綺麗なブルーになっています、沖の濃いブルーの部分はここで急に水深が深く成って海底まで光が届かないか、届いても反射が小さいのでコバルトブルーに成っているのです

海が青く見えるのはなぜですか
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q41.html

質問した人からのコメント

2015/3/6 12:08:03

理論的に理解でき、とてもためになりました。
非常に分かりやすい回答をありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる