ここから本文です

日本独自のイージスシステムの開発はしないのですか? アメリカから買うのではなく...

zzz********さん

2015/3/822:31:42

日本独自のイージスシステムの開発はしないのですか? アメリカから買うのではなくて。

補足アメリカから買ったものは、アメリカの監視下にある。と聞いたのですが。

閲覧数:
2,239
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2015/3/909:24:18

質問の意図は、おそらくイージスシステムに相当する艦隊防空システムを開発しないのかということですね。

開発費の問題もありますし、アメリカ海軍との連携を重視する海上自衛隊の意向もあるため、完全な独自開発を行うことはないと思います。
データリンクなどのシステム上の連携を円滑に行うためや、有事に弾薬(誘導弾等)の共有あるいは供給を受けることを想定しているためでしょう。

まず日本独自に開発した個艦防空システム(FCS-3A等)なども、基盤はアメリカが開発した海軍用コンピュータのライセンス生産品を用いています。
土台となるシステムのハードウェアや言語の開発は難しく費用もかかるうえ、信頼性を確保するうえでの熟成にも時間がかかります。
なおかつこの土台がまるっきり違うとなると、通信や誘導システムの通信に互換性を持たせる余計な処理が必要ですし、不具合も発生しやすくなります。

また全てを独自に開発してしまった場合、他の国産装備と同様に量産効果が薄いためユニット自体や弾薬のコストが高騰してしまいます。

たとえシステムの基盤や誘導弾をアメリカに依存しつつイージス艦に相当するものを開発するにしても、やはりコストが高騰してしまいます。
というのも、広域艦隊防空システムを持つ艦を配備するにしても日本の場合は(というか普通の海軍であれば)数隻、今後どんなに増やすにしても10隻前後といったところです。大規模な開発費をかけてもごく少数しか配備しないため、1隻あたりのユニットコストが増大してしまいます。輸出するにしてもそうそう多く売れるものでもありません。
しかしイージスシステムは例外で、通常は高価で大量配備しないような代物をアメリカ海軍はアーレイバーク級を60隻以上も大量建造してワークホースにしているため、量産効果によってユニットあたりの開発コストはかなり安くなっているのです。
一見すると個艦防空システムに比べて随分と高価なイージスシステムなのですが、その役割や性能およびシステムの熟成を考えると非常にお得なのです。

なおかつイージスシステムは今のところ世界で唯一、弾道ミサイルに対処できる艦載システムです。
これを代替する独自のものを開発するのとアメリカから輸入するとでは、費用が雲泥の差になるでしょう。

つまり、わざわざアメリカ海軍と連携しにくいうえ高価にしてしまうくらいであれば、輸入したほうが良いということですね。
この先、イージスシステムとは別に僚艦を広域に守ることが出来るシステムを開発する可能性もなくはないと思いますが、現状をみる限りではもうしばらくその機会は無いと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

run********さん

2015/3/822:35:57

同盟国内で、情報を共有する事により
その情報の信頼度を上げるシステムなので、
一国だけのシステムにする理由は有りませんよ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる