ここから本文です

板目のアプローチ ナチュラルフックの投げ方である程度同じスパット部分に少しは...

pun********さん

2015/3/919:16:39

板目のアプローチ
ナチュラルフックの投げ方である程度同じスパット部分に少しは安定して投げられるようになったと勝手に思っています。

立ち位置は15枚目、10枚目のスパットを通ると、1.3Pに当たるのではなく、厚めに1.2Pに当たることが多いです。
その時の対処法として、、、、
立ち位置を左にずらすのか?
それとも立ち位置が同じで、スパットを5枚目などずらすのが良いのですか?

閲覧数:
125
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rot********さん

2015/3/921:29:53

レーンにはオイルが塗布されていて一般的には中央が厚く外へ行くほど薄く成ってます、オイルの厚い所ではボールは曲がりにくく薄いと曲がりが出ます。

上記をよ~く考えてください。

立ち位置もスパットも内に寄ります(板目を真っ直ぐ使う場合)

立ち位置だけを内にずらして同じ所を狙うは正解ですが立つ位置は1枚から2枚内側で(チョイ出し)中のオイルを少し使って曲がりを抑えるです。

立ち位置が同じで狙いを外にすると曲がりが早く出て更に厚目に入ったりロールアウトしてしまいます。
ここも活用してね
http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-tbtop&p=%E3%83%9C%E3%82%A6...

質問した人からのコメント

2015/3/9 23:36:56

なるほど、用語集まで添付してもらいありがとうございます。
ロールアウトわかりませんでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる