ここから本文です

大和や武蔵作るより空母作った方が良かった? 東郷提督が晩年老害だったて聞い...

eat********さん

2015/3/1410:02:40

大和や武蔵作るより空母作った方が良かった?

東郷提督が晩年老害だったて聞いたけどそれって
時代遅れの大鑑巨砲主義で大和や武蔵作らせた張本人て意味?

補足投票にするね(^^)/

閲覧数:
256
回答数:
11
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

天網糸さん

2015/3/1412:25:07

東郷の老害は、瑣末な改革・変更にも反対するなど超保守主義者であったこともあるが、一番は軍縮に猛反対したことだろう。

軍縮時代は、米内光政、山本五十六などの条約推進派が強かったが、劣勢の条約反対派(艦隊派)は神格化されていた東郷を担ぎ出して対抗した。
最終的には艦隊派が勝利して軍縮条約が破棄され、軍拡時代に突入して太平洋戦争を招いたのだから、これが最大の老害といえるだろう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/3/1420:02:20

いいえ、違います。

日本海軍の軍艦建造は東郷提督がどれほど、発言力があるのですか。
そんな、簡単なものではありません。

アメリカを仮想敵といい始めた第一次大戦以後、軍縮条約の制限下で、空母を1隻でも配備しなければいけないのに、30年前の武器(戦艦)を一生懸命配備した勢力があるのです。そのわかりやすい手先が、南雲中将です。

勝てる戦力があるのに、有効に動きませんでした。

人材、派閥は、別として。

1941年の開戦までに、日本の力を振り絞った!建造計画があります。全部で5隻しか作れませんでした。その中で、31ノット出せる航空母艦、「瑞鶴」級は、2隻だけとされ、世界最大であるけど、最強でない「大和」級は、3隻承認されていました。この時点で、1人の軍人がとやかく言えることではありません。


さらに、情けないのは。31ノットにするため、船型を小さくして、大和より、期間出力を上げて、建造も数倍苦労したから、終戦まで生き残れた、「瑞鶴」級です。

信濃、改造空母が、小型潜水艦に撃沈されたのは、その大和級がいかに無駄な戦艦であったかという、立証です。




戦争に勝つ気の無いものも、足を引っ張ったのです。

mot********さん

編集あり2015/3/1419:22:02

考えは想像以上に先鋭的でした。
空母建造というより、海軍を空軍化すべし!という意見が井上成美、山本五十六などから出ていたんです。
米内光政も国家で「日本海軍は米国と戦うようにはできてない」と発言してます。
いわゆる非戦派といわれた、この三人は非常に先進的でした。

東郷提督が大和武蔵を造らせたわけではないのですが、その精神主義に重きをおく姿勢に辟易する人はいたようです。
当時、「東郷ハガネ」という会社があったようですが、それに引っ掛けて「東郷バカね」という人もいたそうです。
山本五十六は、東郷をあまり好きではなく評価もしてませんでした。
「周りが全てやってくれて」と、日本海海戦の時の事を言っていたようです。

nak********さん

2015/3/1416:56:30

〇時代遅れと言う事がわかっていなかったからね。
◇現在の日本でも必要がないのに飛行場建設して就航する民間航空会社がないなんて場所いくらでもあるでしょう!
◇新幹線誘致を積極的に行っていたのに停車駅がないなんて事もある。
◇航空機が戦争の雌雄を決すると考えていた者は世界中の海軍でも一握りの者でした。
☆航空機を発展させる為には海軍の古びた戦略である艦隊決戦思想に乗っかるしかなかったのです。
☆米国艦隊の来航を早期に航空偵察で探知して攻撃前進拠点に早期に進出し日本本土から遥かに離れた洋上にて航空攻撃を賭けて米国艦艇を打ち減らして艦隊決戦を有利に持ち込む。
☆その為には超大な航続距離を航空機に与える為に燃料を大量に搭載して機体重量は極力軽くする必要があった。(エンジン馬力が小さく防弾装備を施していたら海軍が想定した航続距離や速度が得られない。)
☆日本海軍は敵戦闘機に襲われたら一撃で火を噴く航空機を大量に生産し続けた訳です。
〇時代にマッチした事をするには先見の明がないといけないが時代に先乗りしようとすると反対が多く強大な権力でも持っていないと出来ないのです。

2015/3/1414:19:02

軍縮猛反対の件も有るでしょうが、有名な連合艦隊解散之辞の「百発百中の一砲、能く百発一中の敵砲百門に対抗し得る」という部分が、異常にクローズアップされて、精神主義に走るきっかけとなった、ということが大きい様な気がします。

巨砲に拠るアウトレンジ戦法の根本にも、これが有ったのではないかと思います。勿論、発想自体は合理的だと思いますけれど、運用の面(想定した艦隊決戦が起こり得るのか等)を考えると、甚だ疑問でもある訳で(笑)。

空母の実力については、太平洋戦争の勃発によって各国が認識したのであって、空母建艦自体を問うのは、ちと違う様な気もします(笑)。

jap********さん

編集あり2015/3/1412:45:09

大和や武蔵は
アメリカ開戦前に完成された、
航空機の時代はハワイ攻撃から、太平洋戦争で建造中の大和三番艦船の戦艦信濃を空母に変更

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる