ここから本文です

区分所有法でいう「集会」について なぜ 集会=総会 と解釈されているのでしょ...

bes********さん

2015/3/1603:02:08

区分所有法でいう「集会」について

なぜ 集会=総会 と解釈されているのでしょう

集会=理事会 も含めてよさそうな気がしますが

区分所有法に理事会という単語が無いからでしょうか?

総会という単語もないような気がしますが(思い違い?)

よろしくお願い申し上げます。

閲覧数:
154
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a1y********さん

2015/3/1608:21:30

貴組合の規約をご確認いただきたいのですが、国交省の標準管理規約第42条第2項に、「総会は…区分所有法に定める集会とする」という文言があります。

おっしゃる通り、区分所有法には「理事会」という単語も「総会」という単語もありませんし、「理事長」という単語もありません。また、「管理組合法人」という用語はあっても、「管理組合」という用語はありません。

「理事会」については、残念ながら、標準管理規約に「集会に含める」という規定はありませんので、「理事会」を集会に含めることはできません。もし「理事会」を「集会」に含めてしまったら、理事会だけで規約改正や共用部分の重大変更ができることになってしまいます。

「理事長」という用語については、標準管理規約では「理事長は、区分所有法に定める管理者とする」というふうに定められています。

「管理組合」は標準管理組合6条では「区分所有者全員で構成する」団体であることが規定されており、区分所有法第3条では単に「区分所有者は、全員で…団体を構成し…」と規定されているので、標準管理規約でいう「管理組合」イコール区分所有法3条の「区分所有者の団体(非法人)」ということになります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/3/22 22:51:40

皆様ご回答ありがとうございます。

区分所有法では
理事会は集会に含めていない

理由は
区分所有者全員の団体である管理組合なのに
そうではない理事会を含めてしまうと

決定権のない理事会が
勝手に法的効力のない
共用部分の変更や規約改正ができてしまう

これを防ぐため

ということが理解できました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pyo********さん

2015/3/1603:15:05

区分所有法では、管理組合の決議が必要、とされている部分がほとんどです。

管理組合は、区分所有者全員で構成されますから、総会での決議によることになります。

理事会は、区分所有者全員の総会ではありませんから、効力を持ちません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる