ここから本文です

戦時中のすいとんと、最近のすいとんは、どう違うんですか?

ffk********さん

2015/3/2112:54:09

戦時中のすいとんと、最近のすいとんは、どう違うんですか?

下:とみえばあちゃんのすいとん鍋
http://www.yoshikei-dvlp.co.jp/ichioshi/entry-2738.html

すいとん,戦時中,すいとん鍋,ばあちゃん,貴重品,鰹節,フスマ

閲覧数:
995
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2015/3/2210:04:58

名前は同じ「すいとん」ですが、美味しく食べてもらう「すいとん」と、取り敢えずお腹を満たせばいいと言う「すいとん」の違いです。
これは大きな違いで、殆ど食べものや調味料が無い時代、腹が一杯になる事が満足でした。現代の人が満足するのは、まずは美味しいものでなければなりません。
戦争中から敗戦直後の「すいとん」は、味噌仕立ての汁に小麦粉を練って入れただけのものでした。

質問した人からのコメント

2015/3/27 21:36:42

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tos********さん

2015/3/2113:31:27

先ず、材料から違います。
小麦粉:精製されたものでなく、いわゆる糠(ヌカ:フスマ)を加えたりして大幅に増量されています。そのため、味やのど越しはひどいものが普通だったと聞きました。
野菜:大根かサツマイモ(現在のように美味しいものではなく、大きく育つ飼料向けの品種)ぐらいでした。人参、里芋等は貴重品。椎茸(干しシイタケ)などもほとんど入手困難。
調味料:カツオ節や昆布等の出汁を取る材料が入手困難な時代でした。醤油、味噌、塩だけの汁です。砂糖なども貴重品。
肉類:鶏肉や牛肉、豚肉などは、一切入っておりません。入手出来たら奇跡的な時代。
学校等で、戦時中の食べ物として作られることもあると聞いていますが、戦時中のレシピでは、ほとんどの人が食べられないと、母や祖母たちから聞きました。しかし、すいとんそのものは美味しいものだと教えられまし、食べさせても貰いました。
65才のおじいさん。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる