ここから本文です

労働条件の通知書をいただきました。 就業の説明を受けたときは、忙しいときは残...

aak********さん

2015/3/2217:44:07

労働条件の通知書をいただきました。
就業の説明を受けたときは、忙しいときは残業もあると言われていました。
しかし通知書には所定時間外労働は無しになっています。

所定時間外の割増賃金のところには、所定超100%、法定超125%とは記入してあるのですが、これはきちんと残業代をいただけるのでしょうか?
定時よりもはやく終わる日もあるらしいので、それらとあわせて処理するのが普通なのでしょうか?

閲覧数:
316
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ser********さん

2015/3/2218:58:52

>所定 100%(法定労働時間8時間)

通常、「所定労働時間」とは法定労働時間の範囲内で各会社の就業規則等で定められた労働時間のことで始業から終業までの勤務時間から休憩時間を引いたものです。

あなたの会社がどれくらいの所定労働時間がわかりませんが、「法定労働時間8時間(労基32条)」に達するまでは100%で計算されます。

なので始業から終業時間の法定労働時間までは100%で割増賃金が計算されます。


>所定超 125%(法定労働時間8時間越えの場合)

就業規則の時間も超えて、所定超え時間となって、法定労働時間を越えると「法定労働時間8時間」以降「時間外・休日及び深夜の割増賃金 (法第37条)
時間外、深夜(原則として午後10時~午前5時)に労働させた場合には2割5分以上、法定休日に労働させた場合には3割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。」
上記の法律により125%の割増賃金支払われるということになります。

これは規則通りの文言なので問題ないです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる