ここから本文です

日本支社の代表取締役社長をしています。日本支社より役員報酬をもらっています。...

has********さん

2015/4/714:00:01

日本支社の代表取締役社長をしています。日本支社より役員報酬をもらっています。今後、私の個人会社(社長は妻)と親会社との業務委託契約という形に変更を考えています。

海外の親会社から日本支社代表取締役社長の業務について、委託を受け、実行することになります。海外の親会社と私個人の会社の契約になり、会社間で報酬が支払われることになります。税法上は、会社間契約に変更となるだけで税理士より問題ないと言われています。会社法上、代表取締役社長の業務委託が問題ないか教えて頂きたいです。また、注意点等あれば是非お願いします。

閲覧数:
99
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jeb********さん

2015/4/715:59:48

税理士です。
税法上は問題はないと思いますが、会社法上問題があります。
支社であれば法人格はありませんので、外国法人の日本における子法人の間違いではないですか?
会社の取締役は株主から経営の委託を受ける委任契約ですが、あくまで個人資格ですので、取締役業務を会社が受けることはできません。
外国会社の日本における業務の一部を質問者様の個人会社が受託するのは問題がありませんが、会社の取締役はあくまでその会社の利益となるように行動するという「取締役の善管注意義務」という責務を負いますので、質問者様の個人会社との間で利益相反が生じる可能性があります。
この辺の問題は、税理士ではなく弁護士に確認したほうが良いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる