ここから本文です

外傷初期診療のプライマリーサーベイにおいて念頭に置くべき損傷や病態はどれです...

maaaai0417さん

2015/3/3115:04:19

外傷初期診療のプライマリーサーベイにおいて念頭に置くべき損傷や病態はどれですか ︎

1.単純気胸
2.食道損傷
3.骨盤骨折
4.重症頭部外傷
5.大腿骨骨折

わかれば理由も一緒にお願いし

ます(>人<;)

閲覧数:
2,062
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/4/311:39:20

JATEC インストラクターです。
プライマリサーベイはガイドラインに従いA~Dの順で行います。
A: 気道緊急(上気道損傷など)
B: 気道閉塞、フレイルチェスト、開放性気胸
C: 心タンポナーデ、緊張性気胸、大量血胸、不安定型骨盤骨折
D: 重傷頭部外傷(GCS8点以下)
以上は発見次第蘇生を行わなければいけません。

緊張性気胸をCに入れてあるのはCに異常をきたした段階で"緊張性"と判断されるから。
また大量血胸はBの異常よりCの異常で発見されることが多いです。

私は胸部外傷専門なので追加しておくと、
プライマリサーベイで念頭に置く致死的胸部損傷として
タンポナーデ、気道閉塞、フレイルチェスト、緊張性気胸、開放性気胸、大量血胸

セカンダリサーベイで見逃すべきでない外傷として
肺挫傷、大動脈損傷、気管損傷、鈍的心損傷、食道損傷、横隔膜損傷、気胸、血胸
などを指導しています。

単純気胸や食道損傷、安定型骨盤骨折や大腿骨骨折は"基本的には"セカンダリサーベイに含まれます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。