ここから本文です

清原和博と前田智徳、どちらの方が「天才」だと思いますか?

tora31913さん

2015/4/823:07:10

清原和博と前田智徳、どちらの方が「天才」だと思いますか?

清原・・・高校時代に甲子園最多本塁打を記録し、世間からの注目を浴びる。西武でのルーキーイヤーにいきなり31本塁打を放ち、「王貞治を超える逸材」とまで謳われた。最終的には歴代5位の通算本塁打を記録したものの、放蕩三昧が災いしたせいか結局タイトルを獲得できず、巨人時代は肉体改造に失敗して膝に爆弾を抱え、膝が直らないままオリックスにて引退。

前田・・・ドラフト4位でカープに入団したが、早い時期から類稀なるバッティングセンスが光る。「天才」の呼び声の高い大物三人、長嶋・落合・イチローが揃って「天才」と呼んだ逸材。三割を何度も打ち、二千本安打にも到達したが、若いうちに抱えたアキレス腱痛に引退まで悩まされた。

どちらも「天才」と謳われながら、そのイメージに見合った成績を残せたとは言いがたい印象がありますが、どちらの方が「天才」だと思いますか?

閲覧数:
6,571
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/4/823:33:44

前田も清原も共に天才と思います。
前田も清原も共に天才と言われながら努力もされたと思います。
しかし、晩年になり両者の努力の方向性に違いが出て解説者として活動する前田とバラエティー等タレントとして活動する清原と別々の路線になったと思います。
前田は今後指導者としてユニフォームを着る機会が来ると思いますが、残念ながら清原にはその機会はなさそうです。なので野球における努力を継続した前田の方が最終的には清原よりも天才と私は思います。しかしながら、高校時代の両者を比べると清原の方が断然天才だったと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/4/1114:33:07

「天才」が清原
「奇才」が前田って感じがしますね

bunbun_fredさん

2015/4/907:19:59

天才と言う言葉にこだわるだけなら清原
前田はプラス努力型

だけど個人的には清原の野球の解説は好きでした。前田よりうまいと思う。だからこそ本当にもったいない

caramelman4gさん

2015/4/900:01:53

前田はアキレス腱の怪我が全てでしたね。

清原は秋山とデストラーデの存在とスタメンのベテランの顔ぶれ(平野・石毛)の影響で半強制的にチームバッティングを求められたこと。3番・秋山の打率、出塁率が悪かったため、打率、出塁率の良かった1番・辻を進塁させるために基本的に右打ちを指示されていた。辻が出塁し、2番・平野がバントで送り、3番・秋山が凡打、浅いフライ、三振……。4番・清原が辻を3塁へ進め、5番・DHデストラーデが最低でも外野フライで辻をホームへ返す。が、基本セット。清原が甘いインコースの球をレフトスタンドにホームランした時でさえ平野に「狙ってんじゃねーよ…」とボヤかれたとか。

森監督が言ってましたが清原はチームバッティングの縛りがなかったらタイトル取れてたそうです。実際、好きに打ってたらタイトル取れてたかどうかはわかりませんが。

sumus3701さん

2015/4/823:49:58

どちらも天才とは思いませんがしいて言えば清原でしょう。前田は力以上に評価されて好きになれない。アキレス鍵で走れないのにずっと第一選でやって来れたのは弱小球団広島だから。他の球団、特に星野がいた球団ならとっくにクビでしょう。せいぜい代打要員じゃ長くプロでやるのは無理。守備で大袈裟なスタンドプレーが気に入らない。走塁でロペスと喧嘩した。広島じゃなければ罰金だった

pxdth449さん

2015/4/823:28:57

あくまで、私の印象ですが、「天才」というのが、天に与えられた才能を持つ人という定義だとすれば、清原だと思います。

先日、清原が出演した金スマで、野村克也さんが「才能だけでやっていた」旨のコメントをしていました。

もちろん、努力はしていたでしょうが、もう少し相手を研究するとか、「力対力の勝負」を相手にストレートを投げさせることみたいな考えを捨てていれば、タイトルだって獲れたのではないかと思います。

反して、前田は、もちろん才能もあったのでしょうが、与えられた才能にアグラをかかず、努力と研究をし続けて結果を出してきたように感じます。

なんの根拠もありませんが…。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。