ここから本文です

中古住宅物件の購入において、住民票移転のタイミングなどについて質問です。 ...

kur********さん

2015/4/921:33:38

中古住宅物件の購入において、住民票移転のタイミングなどについて質問です。


地銀にて住宅ローンの本審査が通り、先日金銭消費貸借契約を済ませて、現在は融資実行と引渡しの日を控えているところです。

ネットで調べたところ、多くの銀行では(大手メガバンクでも)、金銭消費貸借契約時には新住所(購入物件の住所)での住民票と印鑑証明書を提出して、登記も新住所となるように手続きするのが一般的だとあります。

ですが、当方がこの度の住宅ローンでお世話になっている地銀や不動産屋さんは、金銭消費貸借契約時には旧住所(現在の住所)での住民票と印鑑証明書の持参でOKとの事で、登記も旧住所での登録となり、融資実行が終わってから引越しに合わせて住民票を移転してくださいとのことで、言われるがままそのように金銭消費貸借契約の手続きをしました。
ちなみに、フラット35などではなく、地銀の一般的な住宅ローン・保証会社利用・団信加入・銀行への担保として購入物件には抵当権が付きます。

担当の銀行員さんにも、本当にそれでいいのか確認しながら書類を書いていったのですが、「逆に融資実行前に住民票を移転してしまうと、審査のやり直しとなり、最悪の場合は再審査が通らない場合も有り得るので、融資実行までは旧住所のままで結構です。また、法律的にも本来の住民票の移転は引越しをしてからですので。」と。
不動産屋さんも、「もし将来この物件を売りに出すということがあれば、その時に登記の住所を変更すればいいだけで、普通に住んでいる分に関しては旧住所での登記でもまったく問題ないですよ。あとは、もし市町村合併などで住所表記が変わったときに、それを辿るのがちょっとややこしくなるかもですが、その場合は司法書士さんに頼めばいいことですし。」と。
(融資実行&物件引渡し後には引っ越しをしますので、遅くとも2週間後くらいには新住所となるのですが・・・)

登記の住所を新住所にするのにはまた手数料が掛かるようですし、住宅用家屋証明書(中古ですので既存住宅証明書?)の取得が面倒になるなど、デメリットがあるようなので、こちらとしては余計な手間や手数料を掛けたくないので、本当は登記も新住所でしたかったのですが。。。

銀行側があえて旧住所で融資実行までの手続きを進めるのには、何か特別な理由があるのでしょうか?
このような場合、買主(私)側のメリット・デメリットなどを、具体的に教えて頂けませんでしょうか?
素人で勉強不足なので、銀行さんにも不動産屋さんにも「旧住所で大丈夫ですよ。」と言われて、それ以上はなかなか突っ込めなくて手続きをしたので、それで良かったのかな?こちらが損をさせられたりしていないかな?と心配になりました。

詳しい方、ご回答を宜しくお願い致します。

閲覧数:
4,680
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hen********さん

2015/4/1018:12:56

内容を拝見する限り、質問者さん自身が、「契約」と「登記」について、正しい理解できていないだけのようです。

質問者さんが、該当の物件を契約する時に住所地の署名をしたと思いますが、まさか「購入する物件」の住所地を書いたんですか?
さすがに、現在住んでいる住所地を記載したでしょ?
でもね、引越しなど全てが終わって、手渡された物件の「登記事項証明書」の甲区を見ると、購入先の住所地で登記されていると思いますよ。

勘違い①
不動産に限らず契約書にサインする住所は、現住所である。
契約には、常に「取引の安全性・確実性」が求められており、それは金融機関や不動産業者にも励行の義務がある。
架空の住所は、架空取引が生じる原因のひとつにしかならない。
余談だけど、「住所不定者」とは、住民票の登録先と実際の居住地が合致しない人のことだよ。

勘違い②
不動産登記申請の原則は、現住所による申請である。
住所変更登記や住所証明書というものは、現住所による申請が根底にあるから必要となるわけ。
つまり、契約時の現住所と登記申請時の現住所が異なる場合、契約時の古い住所で申請することなんかできないってこと。

もう分かったでしょ?
契約時の現住所がいくら引越し前の住所地であったとしても、登記申請の際は、引越しをした現住所で申請することになるし、その住所で登記される。
そして、既存住宅でも住宅用家屋証明書というけれど、これは実際に引越しをしてから取得するべきものだよ。
それから異動した住民票と一緒に添付して、所有権移転登記の申請がされる。
通常は、金消契約の際に立ち会った司法書士に、引越し予定日の確認をされる。

質問した人からのコメント

2015/4/13 13:33:31

ご回答くださった皆様、ありがとうございました。
登記の「所有者」については今の現住所で登記して、将来売買などを考える際に、所在地(購入する物件)の住所で、登記の所有者住所を変更をしてくださいということになるようです。
なんだか分かったようで分からない気もしますが(^^;)
みなさんの回答はすべて参考になりました。
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qll********さん

2015/4/1000:22:56

銀行と kurumi365shirushiさん の金消契約なんだから
よそはよそ ウチはウチ ^^

貸す側がそう言っているのだから それで良いんですよ^^

旧住所の 住所変更は折を見て 自分でやればいいですよ^^
ただの変更なんだから。

wai********さん

2015/4/922:15:08

>銀行側があえて旧住所で融資実行までの手続きを進めるのには、何か特別な理由があるのでしょうか?

正規の手続きがそうなのです。最近はコンプライアンスが・・・といいますので、何らおかしくありません。
ちなみに、住所変更登記は自分でやれば紙を1枚書いて法務局に提出して1件1000円です。土地と建物で2件ということです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる