ここから本文です

左 脇腹〜背中 痛みについて 3日ほど前から、痛みが続いています。 動いたり体...

baz********さん

2015/4/1803:00:03

左 脇腹〜背中 痛みについて

3日ほど前から、痛みが続いています。
動いたり体勢を変えたりすると、ビキッ‼︎と鋭い痛みが走ります。
立つと、その痛みは更に増しますが、
少ししたらマシ

になるので何とか動けます。それがエンドレスループです。

寝るときも仰向けになると痛くて眠れません。
横向きになると、あばら?が布団に当たり、痛くて困っています。

勿論「医者に聞けよ」って話ですが、経験のある方、お教え願えないでしょうか。

自分でネットで調べていたら、一番近いのが肋骨神経痛?のようなのですが…知恵をお貸しください。

閲覧数:
2,122
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

men********さん

2015/4/1822:17:54

まずは整形外科、内科の受診が重要だと思いますが、、
ただ、私も同じような症状でしたが、頼みの綱でもあった整形外科でまさかの「問題なし」の診断で途方に暮れたことがありました。。

私にも背中の痛みがあったころがありました。
もう10年も前のことですが、海外で仕事をしていたとき突然の背中の痛みに襲われ、海外での死を意識したことがありました。

痛みは治まっていきそれ自体も忘れていたのですが、それが多くの症状の原因の前兆だとは思ってもみませんでした。

数年前以下のような症状を発症しました。
整形外科、精神科、内科、皮膚科、歯科、口腔外科、脳神経外科などのあらゆる医療機関で診察を受けるも、全く治らず途方に暮れていましたが、ある問題に気がつくことで全てを自力で治すことに成功しています。

・顎関節症
・顔面と後頭部の痺れ
・顔面の歪みによる笑いにくさ
・唇が歪むような喋りにくさ
・飲み込み辛さ
・喉が押されたような苦しさ
・歯ぎしり
・日中のかみ締め
・食事中の片顎で食べる癖
・首こり
・肩こり
・腰痛
・立っていても座っていてもフラフラする感じ
・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ
・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害
・息苦しさ
・不安感
・人と対面したときの著しい緊張感の高まり
・緊張したときの異常な口の渇き
・心臓辺りの痛み
・わき腹の痛み
・目のクマ
・眼精疲労
・頭痛
・食後の弱い吐き気
・集中力の低下
・記憶力の低下
・思考力の低下
・偏頭痛


簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。
当初の「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。
(上記症状を完治させるプロセスでその痛みが再現し、それをも自力で解決しました。再現したときは「やっぱりあれだったか」という感じです。)
これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。

立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?
また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?

これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。

背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。
大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。

「こんなとこなんで問題になるの?」

とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。
問題は「腕の上げすぎ」です。
日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。
ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。
また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。
治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。

また、最近、昔何気なく抜歯した上顎の埋没した親知らずが首の歪みの原因であった可能性も見出しています。
それを原因としたあらゆる症状の発症プロセスは以下のように推測されます。

腰痛、歩行障害

胸椎、肋椎関節の歪み、旋回→肩甲骨のこり、腕の上げづらさ、肋間神経痛、【息苦しさ】

頚椎の歪み、旋回→首こり、肩こり、ストレートネック

☆上顎の親知らずによる第1頚椎の変位

顎の歪み→顔の歪み、噛み合わせ悪化、頭痛、頭部の慢性的な緊張、笑いにくさ

歯ぎしり、噛み締め

顎関節症

あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。
なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。


共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。


・猫背の本当の原因とは
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815

・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419

・自律神経失調症の原因
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

usa********さん

2015/4/1807:07:44

肋骨のヒビや骨折などはどうですか?
私は花粉症と、風邪のダブルパンチのときに、くしゃみと咳のしすぎで、肋が突然痛くなりました。
しばらくは起き上がるのも苦痛、咳、くしゃみは激痛でした。
ただ、肋は折れてても、湿布等だけなので、病院には行ってませんけど。
酷いようなら病院にいってみてください

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる