ここから本文です

B型肝炎訴訟について、ご質問させて頂きます。 ID非公開申し訳ありません。 ...

アバター

ID非公開さん

2015/4/1417:08:56

B型肝炎訴訟について、ご質問させて頂きます。

ID非公開申し訳ありません。

私が出生する時に、B型肝炎ウイルスを持っていることが判明し、私の父、祖母と調べたそうですが、母のみキャリ

ア持ちでした。
それが35年前になります。

先日、母が、B型肝炎キャリアでしたが、原発性肝臓ガンと診断されました。
母 25年3月生まれです。
祖母は、15年前に交通事故で他界し、祖父は30年程前に脳梗塞で他界しています。

母の話によると、集団予防接種にてなったと思われるとの事です。母は長女であり、弟、妹がいます。弟と妹は、キャリア持ちではありません。
ちなみに、私は、息子にあたりますが、私自身も保持者か調べていないため、わかりません。
母のジェノタイプも、調べていません。

注射の予防接種痕は、今でも多数分かるほどにあります。幼少期から中学生まで受けていたとの事ですが、記録はありません。

厚生省の要項の一つ、母と祖母の母子感染ルートが証明出来そうになく、困っています。
もし、起訴できるのであればと思い、調べていましたが、大変難しく、同じ様なケースの方もいるのではと思い、質問させて頂きました。

●今から、祖母の医療記録を調べるのですが、15年程前のカルテ開示は、可能でしょうか?

●母の弟、妹のB型肝炎かどうかを調べた検査記録では、やはり難しいのでしょうか?

●こういったケースて、進めていく場合どうすれば、よいか御教授くださいませ。

乱筆ですが、どうぞよろしくお願い致します

閲覧数:
1,103
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2015/4/1417:46:11

1,15年前のカルテ開示は出来る病院と破棄してしまった病院とで、分かれます。

2、母の弟、妹がHBV感染者でなければ、余り難しくないでしょう。

3、確かでは、ないのですが、HBVの人が肝がんを発症した場合は
何千万円単位の一時和解金がきます。

4、貴方もHBV慢性キャリアなら、和解金が5万円ぐらい出るはずです。

**HBV集団訴訟が一番確実で、書類等も準備されています。
集団訴訟を手掛けている法律事務所に相談すれば、確実に、早く、
話を進めていけますので、一度、ご相談ください。
手数料は、和解金から5~10%だったはずです。

***参考までに、ベリーベスト法律事務所も取り扱っています。
県単位で集団訴訟事務所もあります。***

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/4/2009:37:51

    ご回答ありがとうございます。
    お礼が遅くなりました。申し訳ありません。
    ベリーベスト法律事務所さんは、最初、相談をしてみましたが、即断られました。
    祖母の記録がないと説明したところ、提訴不可でしたので、恐らく見つかるまで、取り合って頂けなさそうです。
    親切で丁寧な事務所さんだっただけに、残念ですが、、

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pwd********さん

2015/4/2011:15:11

要するに、質問者の母親を一次感染者として提訴したいという事なのですよね?

ならば、母と祖母の母子感染ルートは証明する必要はないですよね?
この場合、祖母からの感染でない事を証明するには長男、長女が感染していないことが必要ですが、場合によっては弟、妹がキャリアでない事でもOKがでる場合があります。

一度、弁護士に相談されていいかと思います。

tos********さん

2015/4/1423:07:43

私もB型肝炎の垂直感染の患者です。私の場合はキャリアーではなく実際にB型肝炎を発症し、治療が大変でした。

さて、ご質問の件ですが、

カルテは通常6年保存とされているので15年前のカルテが残っているかどうかは運次第ですね。集団予防接種による患者はたくさんおられますが(もちろん私もその一人ですが)、訴訟をするとして相手は誰でしょう?相手が国であるならば、訴訟で勝った例は今の所ありません。100%の証拠がないからです。日本の法律(特に刑法)では「疑わしきは罰せず」という原則があります。ですから「これ」という証拠がない場合は訴訟をしてもお金の無駄遣いで終わる可能性が高いです。どうしても訴訟したい場合は医療過誤に詳しい弁護士の事務所を訪れると良いでしょう(相談料を忘れずに)。

薬剤師おーや がお答えしました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sak********さん

2015/4/1418:57:36

まずおばあ様が感染していた経緯は証明出来ませんが5年のカルテ保有期間は過ぎています。

その最終の病院で証明出来ない物を提示しないといけません。

お母様が長女なら下の兄弟は関係ありません。
お母様のキャリアと分かった頃から全て医療期間に提示しないと行けません。

歯医者さんや別の科に受信したカルテ開示全てと、肝臓専門医にかかり、ジェノタイプは必須です。

かなりの医師機関のカルテ開示だけでも莫大な資料金額です。

5年過ぎればカルテは消滅するので、消滅の証明が必要になります。

国が認めている医療期間と専門医や病院名もクリアしないと行けません。


かなり困難な状況ですが、1から調べ直せるなら、またジェノタイプが分かるなら、国の指定病院に相談されては如何ですか?

智恵袋より弁護士に相談された方が良いと思います。

弁護士が訴訟は無理と判断すれば出来ないと思います。

まずは弁護士にご相談ください。

私は案外スムーズでしたが、弁護士費用やカルテ開示にもお金使いました。


お大事に。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる