ここから本文です

わたしは祖父の形見のカメラオリンパス「OM3Ti」を持ってますが、何分女性なの...

rab********さん

2015/4/1421:38:54

わたしは祖父の形見のカメラオリンパス「OM3Ti」を持ってますが、何分女性なので祖父が生前に買ってもらったオリンパス「OM2000」を多く使ってOM3Tiは死蔵のカメラとなってます。

OM3Tiは途轍もなく高価なカメラだと判ったのは最近ですが、OM2000とスペックは同じでも、チタンの重厚な仕上がりのボディ、モータードライブ装着が可能、スクリーン交換可能、ストロボTTLオートが可能、マルチスポット機能などを備えてOM2000よりも格段に高価なのも納得できます。
しかし、同格といえる「OM4Ti」というカメラの存在を知りました。
OM4Tiは自動露出きのを備えて、セルフタイマーやマルチスポットもオート設定されるので使いやすくて販売格段も10パーセント安かったそうです。
しかし疑問です。今は祖父がいないのでわかりませんが、機能性からOM4Tiのほうが格段に優れているにもかかわらずOM3Tiを何故購入したか理解できません。
OM3Tiの大きな特色の機械制御のシャッターユニットは、安価なOM2000にも採用されていてそんなに価値があるとは思えないです。
祖父がかなりの写真好きだったのですが、もしOM4Tiなら絞り優先オートが重宝するので、わたしが現在使ってると思います。

とある中古カメラの店で、かなり程度の良いOM4Tiが販売されていて、OM3Tiと追金無しで交換してあげるとの話があるのですが、OM3Tiは祖父が生前愛用してきた遺品なので交換するのに後ろめたさがあります。
機能性が高いOM4TiよりもOM3Tiが高価なのは何故ですか?OM3Tiの本当の魅力な何ですか?

OM3Ti,OM4Ti,OM2000,OM-3Ti,祖父,オリンパス,OM-4Ti

閲覧数:
945
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zui********さん

2015/4/1813:56:13

そのカメラは生産台数が五千台ぐらいです。かなりの貴重品です。写真のはグリップのネジの色がオリジナルと異なりますが、交換したんですか。生産時期によって色が変わったのかな。

OM-3Tiのシャッターは布幕の横走り方式の古典的な正統なシャッターです。OM-2000は金属幕の縦走りで、こちらは大量生産できます。OlympusはOM-3Tiを設計するに当たって、自社の旧型のOM-3の中古を買って分解して参考にしたそうです。図面は残っていたと思いますが、若い設計者が古い方式を理解するためでしょう。シャッターが一定速度で動くためには、機械式時計のような精密な機構が必要です。OM-4Tiは電気回路で速度を制御します。現在はそちらのほうが安く作れます。

OM-3Tiの魅力は電池を使わない純機械式の腕時計と似ています。低速シャッターを切ってみてください。ジーッという音がします。中で精密な部品が動く音です。OM-4Tiなどが使用するボタン型電池は低音で起電力が低下してシャッターが切れなくなりますが、OM-3Tiは冬山でも使えます。OM-4Tiは定価18万円、OM-3Tiは定価20万円。定価の違い以上にコストが掛かっています。

OM-4Tiの中古価格は都内では4万円前後です。台数が多いから安い。一方、OM-3Tiは買取価格が10万円ほどです。地方によってはもっと高い。そのカメラ屋は素人だと思って足元を見ましたね。

価格に関係なく、お爺さんが大切にしていたものです。あなたも大切にして、時々は外の風を吸わせてやってください。

  • 質問者

    rab********さん

    2015/4/1900:49:22

    質問とは関係ないと思いますが、OM3のシャッターは低速ではジーというガバナーの音がしますが、OM2000も同様にガバナーの音がします。
    機械式のシャッターはシャッター幕が違っても制御の基本構造は同じなのでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/4/20 22:25:54

今回の質問に沢山の回答いただきありがとうございました。
多くの回答はとても勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pit********さん

2015/4/1812:57:40

おじいさまの遺品と言う事なんですが、おいくつの時に購入されたのでしょう?
94年発売のカメラですが、古くから写真をやっている人は、オートが搭載されているカメラを「素人臭い」と思ったり、電池が無いと動かないカメラをいやがる傾向が有りました。
多分趣味として長くやってこられて来たのでしょう。
絞り優先が重宝する、と言う考え方は、露出を自分で決める自信が無い、あるいは、決めている時間が掛かりすぎて被写体を逃す、と考える人に多いですよね。
ただその程度は自分で練習すれば済む話だと考える人は、電池が無いと動かないとか、被写体の輝度差に寄って露出がばらつく事の方が嫌だ、と考えるのが普通です。
おじいさんは多分後者のタイプです。

あとOM2000とOM3のシャッターユニットは、その構造とメンテナンス性が全く違います。
どちらかと言うとOM3の方が「原始的」で職人がばらしてメンテナンスできる構造、ですがOM2000は、シャッターその物が部品で壊れたら「交換」しか出来ない物です。また部品として提供されていないのでもう修理は不能です。
基本コシナが作った輸出用一眼レフのOEMですから、耐久性やメンテナンス性でOM3Tiと同等ではありません。

それからOM4Tiとの交換の件ですが、あなたがその方が機能が高い、と思うのなら交換しても良いでしょう。
別に換金する訳では無いので、価格の差、を気にする事は有りません。
ただ、OM4Tiは電池が無いと動かない電気制御のカメラですから、電気系に以上が有ると動かない、つまり壊れたら終わり、のカメラです。
とは言うものの、すでにもうフィルムの高騰が始まっていますし、現像インフラも崩壊状態ですから、いつまでフィルムで写真を撮れるのか?と言う事といたちごっこでしょう。
残された僅かな時間、あなたが望む絞り優先が使えるのであれば、交換しても良いのかもしれません。
OM4TiでもOM3Tiでも、フィルムが無ければ飾りにしか成らないでしょう。

eos********さん

編集あり2015/4/1819:16:32

オリンパスはOM1.OM2の次世代のカメラとしてOM3.OM4を企画しました。
オリンパスOM4が昭和57年の秋頃発売されて、定価10万9千円(税金15%込み)で販売されました。
マルチスポット機能は斬新でしたが、スタジオなどでじっくりと構えて撮影するにはベターですが、操作の煩雑さからシャッターチャンスに弱くて、実際に購入したユーザーは最初だけで、後はほとんど使わなかったのが実情だったそうです。OM3も同時に販売する予定でしたが、シャッターが機械式以外の特色もなくてマニュアル撮影専用機能だけなら、販売は厳しいと営業部から強い反対があって、販売は見送られました。
OM4販売から半年後ニコンから革命的なFAを発売しました。
現在主流となった分割測光への流れとなったカメラで、一言で言えばマルチスポットを自動化した露出方式で、シャッターチャンスを飛躍的に発展させたのです。後幕シンクロも可能です。

オリンパスも大変なショックを受けて、次元の異なるカメラとしてラインナップをふやす為にオリンパスOM3を2年遅れでようやく販売されました。価格はOM4と同じでした。さらに全速ストロボ撮影を可能の機能を追加しチタンボディのオリンパスOM4Tiをラインナップに加えたのです。定価は12万9千円(15%税込)
平成元年に、OM4Tiに絞って、ブラックボディに変更しました定価は(12万9千円.税別)
それからしばらく経ってOM3は幻のカメラとして中古価格が異常に高騰しました。
その影響からOM3の復活の企画が持ち上がったのでしょう。1994年にOM3Tiをラインナップに加えたのです。価格も既存のOM4Tiブラックが18万円(税別)に対してOM3Tiが20万円(税別)と高くなりました。
おそらくお祖父さんもOM3が欲しくてたまらなかったのでしょう、OM3Tiが復活販売された時は高額であったとしても飛びつくような気持ちで購入したのでしょうね。でも悲劇はすぐに始まりフィルムカメラの終盤を迎えてオリンパスはOMシステムをレンズ中心に価格を上げてたので、販売低下に拍車がかかり、OMシステムに終焉を告げました。
提案ですが、絞り優先オートが必要ならOM3Tiを手放さすに、OM2S&aPの購入を検討されては如何でしょうか?
OM3Tiはお祖父さんの想いのこもったご遺品なので大切にすることを望ましいく思います

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

joh********さん

2015/4/1721:04:42

お爺さんの愛機 ON-3 Ti 貴女へ OM2000

勝手な想像です

お爺ちゃん貴女と一緒に撮影旅行にでも行きたかったのかな

そのために基本的に扱い方の同じ機種を,買い与え マニュアル機で撮影の1からを教え

最後には愛機をゆずる事ができた 幸せな事です。


OM-3 Ti とOM-4 Ti オート付きと無し 機能を大事にするか基本性能を大事にするか

その違いです そして使い手の年代によっても評価変わります

私達の年代 初代M-1(OM-1の前身)より前に撮影を始めた者にとってはオートどころか

露出針は付いていれば便利かな程度にしか思えませんし(電池もいるし)

その後の電子シャッター付きともなれば今のデジカメと同じ 電池が無い=動かない=

壊れた=修理不能 です。

OM-3 Ti カメラの王様ライカを慌てさせ名前まで変えさせたオリンパス M-1の完成形

保管させきちんとできれば100年でも千年年(大袈裟w)でも動作させられる名品です

ぜひお使いになって下さい どんどん手になじんできます

追記

『OM-4 Ti と追金無しでの交換』 のお店 別にあざといお店ではございません

OM-3の売却 そしてOM-4の購入 違う店舗でやれば追金されますよ

それが商売です


でも 貴女に撮る楽しみ教えてくれたお爺さん愛機ぜひ使ってやってください

bluemoon999xさん

2015/4/1704:53:49

>中古カメラの店で、かなり程度の良いOM4Tiが販売されていて、
>OM3Tiと追金無しで交換してあげるとの話があるのですが

ずいぶんとあざとい店ですね。
なにも知らない小娘だと思って完全に馬鹿にしているのでしょう。

OM4Tiなんて修理もできないので商品価値はゼロです。
OMユーザーなら完全スルーです。

後継機のOM4Ti Blackならば売れないことはないですが、市場の相場は
OM3Tiの1/5から1/10くらいのものです。

鴨がネギ背負ってやってきた
とか
物の価値も分からないような素人に持たせておくくらいならば、
騙して巻き上げてやれ
くらいの考えなのでしょう。

場合によっては、「状態を検査してあげる」なんていって預からせて、
ちょっと中をいじっておいてから、
「これは中に異常があるから、じきに使えなくなるだろうね。
修理するとなると何万円もかかるかも知れないよ」
なんてことを言ってくるでしょう。

中古の世界ではそういう店は別に珍しくないので、
あれこれ言っても仕方ないです。
騙されるのが嫌なら、変に嫌味を言ったり突っ込んだりせずに、
今後一切関わらず、立ち寄ったりもしないことです。


>機能性が高いOM4TiよりもOM3Tiが高価なのは何故ですか?
原価やコストが全然違うからです。

電子制御のシャッターよりも機械式のシャッターの方が、
このクラスのものを作るのは高くつくのです。

シャッターの素材から構造、動作精度、耐久性まで、
低価格のものとは何から何まで違います。

当時のカメラに使われている電池は非常に高価だった上に、寒い時期には
すぐに電圧が下がって撮影に支障をきたすことが多かったのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2015/4/1514:38:14

復刻版最新といっても1990年代のカメラです。価値を見出すとすれば「希少性」くらい。オリンパスファンであれば『欲しい』と思うかもしれません。熱烈なコレクターには人気があるようです。
http://www.mediajoy.com/mjc/cla_came/olympus-om3ti/

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる