ここから本文です

父親60代が膵臓がんの治療をしています。 昨日、ジェムザール(ゲムシタビン)を...

kaz********さん

2015/4/2912:59:36

父親60代が膵臓がんの治療をしています。
昨日、ジェムザール(ゲムシタビン)を注射しました(1回目)。

ジェムザール投与の前投与として、デキサート注射液6.6mg(ステロイド)を投与しました。

これまで夜寝れないことはなかったのですが、ステロイドの影響か、昨日夜、全く寝れませんでした。

1.ジェムザール投与前のステロイド投与の目的は何でしょうか?
吐き気止めの役割でしょうか?

2.前投与のステロイドを無しにすることは可能でしょうか?

3.通常、ジェムザール投与前には、ステロイドを投薬するのでしょうか。

4.注射の薬剤に「末梢メインルート1点滴静注」と書いてありましたが「末梢メインルート1点滴静注」とはどういう意味でしょうか。

お手数お掛けしますがご回答頂けたら幸いです。
(docterhawk様に回答リクエストさせて頂きます。)

この質問は、doc********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,370
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

doc********さん

リクエストマッチ

2015/4/2922:09:10

回答依頼ありがとうございます。

1/3.
ご推察のようにステロイド投与の目的は吐き気止めです。抗がん薬投与により吐き気を催すリスクは、高リスク(≧90%)、中等度リスク(30-90%)、低リスク(10-30%)、最少リスク(10%>)と分類されます。ゲムシタビンは低リスクに該当します。

低リスクの場合の標準的制吐療法は「デキサメタゾン 6.6 mg点滴または8 mg内服、投与当日のみ」がガイドラインで推奨されています。治療を受けられている病院ではこのガイドライン推奨に沿って制吐目的のステロイドを投与していると考えられます。

2.
患者さんがどうしても、というなら省略してもよいですが、嘔吐リスクが高くなることを覚悟してください。

4.
文字通り、「末梢静脈(中心静脈ルートではない)に挿入した投与ルートから点滴(短時間でいっきに注射するのではなく)で静脈内投与する」の意味です。

同時に2種類以上の薬剤を投与するとき、投与時間の長い薬剤のルートの横(側管)に他の薬剤のルートをつなぎます。この場合、もともとあるルートの薬剤は「メイン」、ルートの途中からつながれる
薬剤を「側管」と表記します。どのようにルートをつなぐのかがわかるようにするため、ということです。
数字はメインルートを2本以上必要とする(2か所以上に針を刺す)患者さんではメインルートを区別しなければならないので、数字で区別するようになっている、ということでしょう。実際には2本以上のメインルートを必要とすることは滅多にありません。

質問した人からのコメント

2015/5/1 01:22:22

理解しました。いつもくわしく教えて頂き大変ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vvv********さん

2015/4/3016:48:17

がんは本当に深刻な病気です

克服法や食事療法など

素人ではわかりづらいことが多すぎます。

わたしは、
がんを治すための食事について、

名や忌んでいたのですが、

今はすっかりなおすことができました。



『山根綾香先生のがんを治せるとっておきの方法』


で、

インターネットで検索すると、

サイトを見ることができると思います。

がんなんかに負けないでください!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる