ここから本文です

シロアリが大量に発生し飛んで行きました。古民家を借りることになったのですが、...

hoo********さん

2015/4/2923:21:17

シロアリが大量に発生し飛んで行きました。古民家を借りることになったのですが、先週の土曜と今週水曜にヤマトシロアリが大量に発生しました。

15年ほど空き家だったらしく、もうずいぶん前から生息しているようです。玄関まわりの柱や二階の梁、家中いたるところに食害された形跡あり。1階の畳も波うっていたり、柱が陥没していたりします。知人に聞いたところ、食べるものが無くなったら減っていくと言われたのですが本当でしょうか?これからもどんどん被害は拡大していくのでしょうか?シロアリ業者に頼むほどお金はありませんし、もう手遅れな気がします。シロアリが自然に消滅していくことはないのでしょうか?今シーズンあと何回も発生するのでしょうか?

閲覧数:
919
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tet********さん

2015/4/3007:14:54

食害する物が無くなれば、確かに居なくなると思いますが、朽ち落ちる寸前の住宅などでも確認は出来ますよ。
「シロアリが大量に発生し飛んで行った」はシロアリの羽アリでしょ?
ヤマトシロアリ・イエシロアリなどと思いますが、分家の一種で飛んで行ったから居なくなると云う事では有りません。
何万匹と云うコロニーで生息して居ますが、その中で女王蟻が育つと兵隊アリ(オス)を引き連れて千匹単位で分家しますが、その状態を確認したのでしょう。
4~5月に分家する事が多いですが、秋口にも同じように見る事が有ります。
湿度と温度が関係しているようです。
手遅れと云う事は無いと思いますので、業者依頼できなければ自分で出来る限りの対策を講じて下さい。
シロアリ被害の場所特定。
駆除剤・防除剤など散布、注入。
ネットで駆除方法等確認しその薬剤購入など。

駆除剤等参考:「アース製薬・害虫駆除・なんでも事典」シロアリ欄。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

si0********さん

2015/4/3017:35:30

シロアリは、大家族です。

家族構成は、
『羽がないシロアリ』と
『羽シロアリ』
です

『羽がないシロアリ』は、一生、羽がなくて、巣を基本に生活します。
(私はシロアリの知識はあんまりないので、間違った点があるかもしれません。)

『羽シロアリ』は、最初から羽があります。

羽がないシロアリが、羽シロアリを育てます。

『羽シロアリ』の一生は…巣の中で育てられ、春頃の旅立ちのタイミングが来たら、集団で一斉に、育った巣から外の世界へ飛び立ちます。

外の世界へ飛び立ち、よその巣から発生した異性と巡り会って、新規に巣を作ります。

だから、『羽シロアリ』は、飛んで行ってしまえば、気にしなくていいのですが、

忘れてはいけないのは、『もとの巣には“羽がないシロアリ”』が大量にいて、来年に向けて、また羽シロアリを育て続ける。羽がないシロアリは、数年に渡って、見えない所に潜んでいる。』ということです。

シロウトなので私の言ってることは何か間違いがあると思うのですが、

『羽シロアリ』の大発生じたいは氷山の一角で、『羽がついていないシロアリが数年以上、木材の内部で暮らしていて、食害を広げる』ことが問題です。

最低限の話というか、リクツだけの話でいうと、

今、建物の木材に潜んでいる、『羽がないシロアリ』が生きていれば、365日、食害が進むし、来年も羽シロアリが大発生します。(この春もまだ発生するかもしれないけどよくわかりません)

『羽がないシロアリ』を退治すると、そこでストップする。というリクツです。

でも、途中でいなくならないとも限らないみたいですが、よく知らないです。

『巣の場所』は、建物の木材の中にある場合もあるし、
建物から離れた地面の中とか、樹木の内部に巣があって、そこから建物にかよって来る場合もあるらしいです

she********さん

2015/4/3010:12:44

羽アリの発生はすぐに収まるでしょうが、発生した羽アリよりも羽アリにならずに残ったシロアリの方が問題です。被害は拡大すると思っていたほうが間違いありません。
通常、白蟻対策は貸主が行うべきことです。
家賃が超格安でない限り、安全に安心して生活できるように貸主が建物を修繕しなければなりません。
畳が波打ち柱が陥没、羽アリの発生、シロアリ被害、とても安心して生活できる環境とはいえないと思います。
まずは、貸主に報告してからのことと存じます。

南山 和也さんの写真

専門家

2015/4/3008:24:56

東京のシロアリ業者です。

東京近辺でも先週20日と25日にヤマトシロアリの羽アリが発生しました。
例年GWのあたりに発生します。今年はまだ本格的には出ていません。もう一雨降った翌日の昼ごろに大発生すると思います。

『羽アリ』の大発生は1週間ほどで止まります。よく誤解されるのですがこれでシロアリがいなくなったわけではありません。もともと羽アリは巣の中の『ニンフ』という階級が分巣のために飛び出すもので、女王アリはじめ大部分のシロアリは地下や材木の中に残っています。従ってそのままにしておくと、被害はどんどん拡がっていきます。そしてまた来年の羽アリシーズンに発生します。

質問者の言うように食べるものが無くなったら減っていきますが、彼らの食べ物は『木』です。無くなるということは家自身が無くなる時です。

以下のシロアリ情報を参考にしてください。
http://shiroari-kujo.com/kujo/434

専門家プロファイル 専門家プロファイル(外部サイト)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる