ここから本文です

民法555条で売買契約は意思表示の合致のみで成立するとありますが、相手がこちらと...

tai********さん

2015/4/3010:40:07

民法555条で売買契約は意思表示の合致のみで成立するとありますが、相手がこちらと意思表示の合致なしで購入した場合、成立しますか?また相手はすでに財産権が自分側にあるので貴方には送る義

務があると言っていますが、そうなのでしょうか?

閲覧数:
586
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mh0********さん

2015/4/3012:33:48

契約における意思表示の合致とは、まず外形上の合致した場合があります。
外形の要素は、客観的要素と主観的要素があり、客観的要素とは契約内容であり主観的要素は当事者が誰かということです。
よって契約内容と当事者の外形が一致する限り契約は成立します。
つぎに外形とは別に内心の問題が存しますが、外形が不一致であっても内心が一致していれば当事者に不都合はないので契約は成立します。

以上から、契約が成立する場合とは、外形が一致する場合または内心が一致する場合と考えます。

ちなみに、外形が一致して契約は成立したものの内心の不一致があれば要素の錯誤の問題として処理されます。

質問の事例は「意思表示の合致なしで」とあります。何が合致しないのか定かではありませんが、これを外形の一致がなくかつ内心の一致もない場合と捉えると売買契約は成立していないものと考えられます。

以上から「相手はすでに財産権が自分側にある」との相手方主張は根拠を欠き、当方には送る義務は存しないものと考えます。

質問した人からのコメント

2015/4/30 12:41:55

外形と内心が一致していないので、送る義務がないと言うことで安心してます。ありがとうございましたm(_ _)m

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる