ここから本文です

邪馬台国が畿内にあったという説は、有力といわれているというかほぼ確定という意...

shi********さん

2015/5/914:46:23

邪馬台国が畿内にあったという説は、有力といわれているというかほぼ確定という意見もありますが、いずれにせよまだ決着はついていませんよね?

畿内説と九州説が多いですが、他にも四国説や沖縄説といったあまり聞いたこともない説もあると思います。

知人は、畿内説でも九州説でもないのですが、

邪馬台国は阿波
九州は奴国

阿波から奈良に移った勢力と
九州から来た勢力が纏まって大和朝廷になった。

国産みの話と地名の一致から、発祥は阿波。
九州から来た勢力が纏まったという根拠もやはり地名。これは地名かぶり。

と以前言っていた記憶があります。邪馬台国=四国説という意見に信憑性はあると思いますか?

邪馬台国,魏志倭人伝,阿波,畿内説,地名,勢力,宿遷市宿城区

閲覧数:
414
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s_m********さん

2015/5/1106:17:53

(´・ω・)阿波かはわからんが四国内だよ。

大陸さんの認識してた日本列島(地図)は、右に90度傾いてるの。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qff********さん

2015/5/1219:22:38

名前だけが根拠だけでは信憑性があるとは思えない。

畿内説の根拠は

1.遺跡・墳墓が巨大なこと

纒向遺跡は南北約1.5km、東西約2kmにもおよぶ広大な面積の遺跡で、3世紀当時これに並ぶ巨大な遺跡は存在しません。
有名な吉野ヶ里遺跡は60haですが、纒向遺跡300ha以上で約5倍の大きさ、また墳墓に関しては前方後円墳の箸墓は全長280m、それまでの最大の弥生式墳墓は岡山の楯築墳丘墓は全長72mで約4倍。
これだけ大規模な墳墓・遺跡を造営できる勢力が倭の邪馬台国で考えるのが自然である。

2.庄内式土器の拡散

畿内系土器の庄内式土器は関東、北陸地方から北九州一円にまで波及している。
土器の移動は人の移動をあらわす指標であり、畿内を中心とする勢力が3世紀前半に広範囲を支配したことのあらわれである。

3.前方後円墳

祖霊の祭祀は共同体にとって欠かせない政治行為であるが、その形式は2世紀後半までは地域ごとにバラバラであったが、3世紀になって祭器の銅鐸が破壊され環濠集落が消滅していることから大きな政治変動があったことがわかる。

その変革期に纒向に登場した巨大な王墓(箸墓)である前方後円墳が全国に波及したことから、纒向勢力による政治統合が行われたことは確実である。


以上

徳島には100m以上の古墳が存在しないことから大きな政治勢力があかったと思われる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ama********さん

2015/5/1102:27:16

弥生時代末期から古墳時代初頭にかけて近畿圏内での朱(辰砂)の最大生産地は徳島県の若杉山であったことは有名です。
かのキトラ古墳や高松塚古墳にも若杉山出土の朱が使われていた事は事実です。

さて「萩原2号墓出土の赤色顔料-朱-のイオウ同位体比分析」によると萩原2号墓はこの徳島県内の朱を使わずに中国産の朱を使っているのです。

魏志倭人伝はともかくとして
200年から200数十年頃に経路はどうあれ中国からの朱(丹)を埋葬に使える程の首長がここに存在したのです。
すくなくとも当時中国と交易をしていたことは確認できますね。
その後の近畿の古墳は若杉山の辰砂を使ったものが大半です。
これが何を意味するかは明白だと思うんですが。

日本列島における「丹」の産地は中央構造線に沿って分布する水銀鉱床群であり、採石・採掘など三世紀の開発と言う観点からすれば、「其山」とは大和水銀鉱床群・阿波水銀鉱床群の山岳地帯があてられます。実際、阿波水銀鉱床群の山岳地帯に徳島県若杉山辰砂鉱山遺跡は位置しており、「其山有丹」の一つに数えることができますね。
「丹」の生産の観点から見れば「魏志倭人伝」に言うところの「邪馬台国」の特徴である「其山有丹」の候補地は阿波か大和に絞られますね。
魏志倭人伝によると、まず「魏」より「丹」を賜り、今度は倭国より「丹」を献上したということが分ります。
3世紀前半「丹」を献上できたのは、大和か阿波。

この時点で九州説は却下されますね、いいですか。
丹を赤土だという馬鹿がいるがそんなのどこでもとれるわけでわざわざ倭人伝に書く必要もなく、赤土を魏に献上すれば 何もってきとんねん!!って怒られます.(笑)
「魏」かどうかは分らないけど、中国からの「丹」が確認できたのは「萩原二号墓」。
大和の古墳、墳墓から中国産の「丹」が発見されたとは確認できておりません

「朱」「丹」または「辰砂」の生産と流通の経路から類推する限り「魏志倭人伝」に言う「邪馬台国」の候補地として、現段階で一番可能性が高いのは徳島ということにはならないでしょうか。

ほんとうに丹が決め手になるかもしれませんね。成分分析ができるのは強い。
どの古墳にも大量の朱が使われていたようですから、発掘が進めば古墳のDNA鑑定のように活用されることになるでしょう

倭迹迹日百襲姫命の墓.......
卑弥呼の墓........

掘ってみりゃいいのにね。
で、出てきた朱(辰砂)を分析すればいいのにね、と思いませんか(笑)
これじゃ、何か隠してるとしか思われないですよって言いたいトコです。

魏志では邪馬台国は「会稽郡東治の東」にある。

江蘇省・宿遷市宿城区の真東に邪馬台国はある。
宿遷市宿城区 … 北緯33度56分~58分
神山町神領 … 北緯33度56分~58分

宿遷市宿城区が会稽東治である事を立証する

①史記の項羽本紀には、この地に会稽の役所があったことが、記述されている。

②2006年項羽生誕の地でもある宿遷市宿城区で下相城跡が発見され、
中国南京博物館院は、ここが晋の時代まで治所があった所であると発表している。

参考 中国サイト
http://www.wenbao.net/wbw_admin/news_view.asp?newsid=382


③AD239年ごろ宿遷市は魏の領地であり、前漢以前から存在する古都である。

④宿遷市は前漢から後漢順帝まで約300年、会稽の中にあった。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dan********さん

2015/5/1010:45:29

邪馬台国阿波説はトンデモ説のレベルを越えていないので、邪馬台国ジャカルタ説と同じくらいの信憑性ですね。

soj********さん

2015/5/1010:41:23

南を東に行くの誤りとしなければ成り立たないと言う点で畿内説と同じです。
それなら吉備説でも言い訳ですよ。
出雲説なんかも有力です。
つまり、九州説を否定した上で主張するなら、何処でも可能性を言える訳です。
その中では、出雲、吉備、四国阿波説は東征と言う点で一致ししてますが。

hat********さん

2015/5/1000:31:09

米軍の陸軍の軍事遠隔透視計画「スターゲイト計画」にいたジョー・マクモニーグルが卑弥呼をリモートビューイングをしています。
結構内容は面白いですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=a5jTd010l5w&list=PLA58BC4A111F1E404

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる