ここから本文です

なぜ『墾田永年私財法』は覚えてしまうのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2015/5/1513:07:52

なぜ『墾田永年私財法』は覚えてしまうのでしょうか?

閲覧数:
168
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2015/5/1518:01:32

吹き出しました。確かに覚えちゃってますね~(笑)
「723年三世一身法、743年墾田永年私財法」と年号とセットで頭から離れません。

日本の公地公民制が崩れ、「土地の私有」という後の荘園制や武士の台頭に繋がる画期的な法令ですので、受験、試験で取り上げられることが多く繰り返して説明されたからでしょうか。
また、語感・語呂がいいというか、「響き」がいいという事もあるでしょう。
「コンデンエイネンシザイホウ」というラップのようなリズミカルかつキャッチーな音韻により、忘れがたい言葉になっているような気がします。
「禁中並公家諸法度」、「御成敗式目」、「小牧長久手の戦い」、「「漢委奴国王印」、「愛新覚羅溥儀」などどれだけボケても忘れないだろうな~という言葉には言霊というか「音霊」が込められていると思います。

アバター

質問した人からのコメント

2015/5/18 18:23:21

KONDEN!!
EINEN!!
SHIZAI-HO!!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる