ここから本文です

工業・現代社会において、アンモニアと窒素の必要性。 わかる限りのことを教えて...

kor********さん

2015/5/2213:58:56

工業・現代社会において、アンモニアと窒素の必要性。
わかる限りのことを教えて欲しいです。

特に、産業革命時と第一次世界大戦時の影響について言及していただけるとありがたい。

閲覧数:
243
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fio********さん

2015/5/2415:11:39

産業革命は、一般に18世紀の石炭・鉄鋼の産業革命を言います。

化学工業は、第2次産業革命とも言われる19-20世紀の変化になります。

1828年に尿素の合成で、生命に由来するとされていた有機物の人工合成が始まります。しかし、これは試験管内のことです。

1906年のハーバー=ボッシュ法で、アンモニアの大量合成が可能となりました。

アンモニアは、窒素肥料の原料となり農業生産を拡大しました。
しかし、第1次世界大戦中、ドイツはハーバー=ボッシュ法によって火薬を大量生産しました。

フリッツ・ハーバーはまた、第1次世界大戦中毒ガス生産にかかわっていました。

このように産業革命は、軍需産業革命でもありました。

鉄鋼生産の質・量の拡大は、軍艦や大砲など軍備増強にも貢献しました。

質問した人からのコメント

2015/5/24 21:41:23

ありがとうございます。
18世紀についての文章。楽しく読ませていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

he0********さん

2015/5/2214:11:40

アンモニアと窒素を使って、肥料にした。そして農作物がたくさん収穫できた。それは、産業革命で大量生産された。又、第一次世界大戦時、ドイツのI・G・ファルベン社が合成窒素を造り、爆薬を大量に製造する事ができた。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる