ここから本文です

熨斗紙の表書きに、「上」と書く場合熨斗紙は紅白蝶結びでいいのでしょうか? ご存...

coo********さん

2015/5/2218:13:53

熨斗紙の表書きに、「上」と書く場合熨斗紙は紅白蝶結びでいいのでしょうか?
ご存知の方おられましたら、教えて頂きたいです。

閲覧数:
7,063
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

2015/5/2219:50:53

ここで言う「表書きに書く場合の上」というのは、神様へのお供え物などに用いるケースと考えていいでしょうか?
あるいは格上の方に対して神様を敬うように「上」と記すこともありますが、いずれにしても判断基準は「上と書いた時には」というところにあるわけではありません。

一般的には「繰り返すことが望ましくないとされる結婚式や葬儀の場合は結び切りが好ましく、何度繰り返してもいい一般慶事の場合は花結びとする」とされています。

「上」というのは「神様へ、あるいは私にとっては神様にも等しい格上の方へ」という意味において強い敬意を示しているわけですが、それ自体は「繰り返すのが望ましい一般慶事か否か?」を決定する事項になっていません。
つまり「上」と書いたからといってそれで結び方が決定するわけではありません。

いわゆる神様へのお供え物としての記載なら、「奉献」などと書いた時と同様、花結びにすることになるわけです。

「誰に贈るのか?」ではなく「どういう目的を持って贈るのか?」というところから答えを導き出すことになります。

質問した人からのコメント

2015/5/22 21:14:04

知識不足で非常に助かりました!
ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる