ここから本文です

小説版ガンダムではアムロが戦死するみたいなのですが、どの戦場で誰と戦って死ん...

kot********さん

2008/2/223:27:45

小説版ガンダムではアムロが戦死するみたいなのですが、どの戦場で誰と戦って死んだんですか?

閲覧数:
66,053
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2008/2/521:10:06

え~とね、戦場はどこだか失念しましたが、とにかく宇宙です。
討ったのはルロイ・ギリアム。
atoranticoさんご紹介のサイトでも、「不意打ちに近い」と書かれている通り、

シャアとルロイとの意思の疎通が完璧でなかったための撃墜

でした。
こういう流れだったのです。

戦場で、シャアとアムロが(ニュータイプ的にw)語り合う

シャアの説得により、アムロはシャアに賛同し、ともにザビ家を討つことを約束する

が、次の瞬間!
ルロイのリックドムが放ったビームが、アムロのガンダムを貫いていた・・・。

このとき、確かシャアはこう叫んでいるはずです。
「アムロは、わかってくれたのだぞ!」
と。
つまり、「シャアとアムロが手を携える・・・」ということになり、アムロが油断した次の瞬間に、
そのことをわからなかったルロイが「単なる敵」として、アムロを討っちゃった・・・と、そういう展開でした。
ある意味、「戦争なんだから、フツーにありがち」なのかも知れませんけれども、
ロボットアニメの小説・・・としては、
「華々しくもなく、ふとしたことで主人公が撃墜された」というこの展開は、ムチャクチャ衝撃的でしたねえ。
(何しろ、読んだのがブームのころ、小学生の時でしたし。)
今でも、小説は取っておいてありますよ。
(当時の・・・なので、角川ではなくて朝日ソノラマ版w。表紙は、大河原邦男ですぜ)
詳細は、帰宅したら追加してみましょうか。
(いま、会社なのw)



は~い、帰宅しましたので回答追加します(^_^;)
小説版ガンダムの第3巻、朝日ソノラマ版だと150ページあたりから、布石が打ってありますね。
(もう20年以上読み返してないかも・・・なので、いろいろ新鮮な発見がありますな。)
舞台はア・バオア・クー戦直前というところです。
まだ、シャリア・ブルが生き残っていて、シャアとともに出撃しようとしています。
(ちなみに、シャアは“中佐”です。)
このとき、シャアとシャリア・ブル、そしてルロイ中尉は、お互いにわかりあった・・・のか、
「ギレン討つべし」
との方向で結束します。
(まあ、シャアの思想にシャリア・ブルが追従したような格好ですが。)
で、このとき、シャアがこう言うのです、
「ン・・・・・・語り合える距離を得ることが第一なのだが、許してくれるかな、アムロ・レイとかが?」
そして、それにルロイがこう答えます。
「自分がその血路を開いてみます。斃してよいという想定を重くしますが?」
と。
(台詞はいずれも原文ママ)
そうです、「ギレン討つべし」のために、連邦軍との共闘も辞さず・・・っていうか、
「共通の敵を前に、ニュータイプ同士、争ってる場合じゃないだろ」的な話に、なってきてるわけです。
で、話は飛びますがア・バオア・クー戦。
まずはシャリア・ブルが、ブラウ・ブロを駆ってアムロを説得します。
結局、この説得は失敗し、ブラウ・ブロはアムロに討たれます。
しかし、散り際のシャリア・ブルの思惟がアムロを動かし、ついにアムロは「シャアは敵ではない」と理解します。
だから、接近するシャアを迎撃するカイを止めたりしています。
あっ、このとき、シャアにハヤトが討たれていますね!
うわ~、すっかり忘れとるわ、みなさん、ここは覚えておいてください。
(でないとハヤトが気の毒です。)
さて、問題のシーンはその直後、ソノラマ版だと198ページ。

(アムロ)
「ペガサス!G3!ガンダムだ。赤い彗星は我々に協力を求めている。この空域はギレンのレーザー攻撃のターゲットになっている。
脱出するんだ!シャアに続いて・・・・・・」
そこまでだった。
ハヤトの光芒を回避したシャアの赤いリック・ドムがガンダムを目視して、そのパイロット
---アムロ・レイがまったく異なる行動に転化したのを認めた時、ガンダムは二機のリック・ドムのビーム・バズーカの直撃の中にいた。
「ルロイ!」
シャアは絶叫した。ガンダムの機体が硬直する間もなく、他の幾百のモビルスーツや艦艇と同じく爆光を放った。
ペガサスに牽制攻撃を加えていたルロイ・ギリアム中尉がガンダムのレーザー・センサーをキャッチし狙撃したのである。
その瞬間、再び人と人の巨大な繋りが具現された。
「ガンダムは気付いてくれたのだぞ!」
その叫びがルロイに届くわけがなかった。(以下略)

・・・こうして、アムロは戦死したという次第。
「アムロはわかってくれた」ではなくて、「ガンダムは気づいてくれた」でしたね、間違って覚えちゃってましたな(*^_^*)
でも、よく見てみると、
「ガンダムは二機のリック・ドムのビーム・バズーカの直撃の中にいた。」
ってことですから、もう一人、撃った人がいるわけですね。
残念ながら、それが誰かは不明ですが、また新たな発見でありました。
以上、ご参考まで(^_-)

「アムロ 戦死」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ato********さん

編集あり2008/2/614:27:41

マジで死ぬみたいね。ウィキでその件を発見。

小説版『機動戦士ガンダム』では、作品終盤にシャア率いるニュータイプ部隊の一人、ルロイ・ギリアムの駆るリック・ドムに撃墜され、戦死している。主人公が物語途中で死亡する展開は当時のファンに大きな衝撃を与えた。ただし、この作品が『機動戦士Ζガンダム』以降の作品を否定するものではないと作者によって述べられており、アニメとは異なるストーリー(パラレルワールド)であると見るべきだろう。

これが問題の小説(一番上)
http://thpro.hp.infoseek.co.jp/book/g_nov/G_nov_k/g_n_kai_UC01.html

ルロイ・ギリアム
http://homepage2.nifty.com/~you/ruloy/ruloy.htm

補足:へぇ~、それはビックリですねぇ。是非続きが知りたいものです。補足お願いします!

補足感謝です!ハヤトまで死んでいたとは・・・ゲッターロボの武蔵やマクロスの柿崎と同じくつくづく救われないキャラだのぅ・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる