ここから本文です

関西電力が関東や東北に石炭火力発電所の建設を計画してますがどうして自社の管轄...

アバター

ID非公開さん

2015/5/2905:37:36

関西電力が関東や東北に石炭火力発電所の建設を計画してますがどうして自社の管轄区域内には作らないのですか?

CO2削減のためと原発を推進しながらなぜ石炭火力なんですか?

原発停止のために老朽火力を無理に動かしていると言いながら営業区域外に発電所を新設してコストの高い石油火力はそのままで燃料費がかかるからと電気料金を値上げって言うのはおかしくないですか?

閲覧数:
278
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2015/5/2909:33:55

自由化になっても、日本には東西で周波数が違うという大きな技術的制約があります。
これを跨ぐには、周波数変換所を通過しなければならず、設置にはコストが高くなるためそれぞれの周波数エリアに発電所を持つことが必要になってきます。
今の電力単価は西低東高であるうえ、西日本では関電が一番高いため、関電としては積極的に東に進出したいのでしょうね。
このため、コストが低い石炭火力発電所を建設しているのでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ere********さん

2015/5/2918:39:26

原発再稼動に向けて、値上げをネタに、圧力をかけるためにわざとそういう作戦を立てているのですよ。

pqa********さん

2015/5/2908:07:34

おかしくありません。
石炭としたのは、ベース電源としてもっとも価格競争力があるからです。
少し前では環境に悪いという批判もありましたが、最近は問題にされないですね。
営業区域外に建てるのは、区域外で売るからです。自由化です。
ただし発電所が動きだすのは何年も先です。
石油火力を動かすのは、今必要だからです。数年先には原発が復帰して、お役ゴメンになるという見込みです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる