ここから本文です

切れ味が落ちないかつ良く切れる包丁、 自分良く料理をするのですが、包丁の刃の...

til********さん

2015/5/3115:21:48

切れ味が落ちないかつ良く切れる包丁、
自分良く料理をするのですが、包丁の刃の消費がすごく激しいのです、デパートなどで売っている普通の包丁で、使っている研ぎ機はテレビショッピングなど

でよく見るダイヤモンド何とか?の親戚みたいなやつ(分かりづらくてすみません)です、
切れ味を良くすると当然刃の消費も早くなりますよね、自分は良く切れない包丁が嫌いで、常に良く切れる状態でないとダメなタイプの者でして、結果包丁の消費が激しいくすぐに買い換える羽目になってしまいます、
そこで上記の通り、「切れ味が落ちない(落ちにくい)かつ良く切れる包丁」を調べているのですが、なんだか求めているものとは関係ないものばかり出てきて、切れ味が落ちないサバイバルナイフやらなんやら変なものばかり出てきます、さすがに草切ったりするようなナイフで料理するわけにはいきませんし、まず日本のものではなかったですし(
良く切れて研いでも減りが少ない(または研ぐ必要がない)丈夫な包丁、がありましたら教えてください

閲覧数:
320
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/6/715:38:26

皆さんが言うように包丁を砥石でとぎましょう。

かなり切れるようになりますし包丁も減りません。

切れ味がわるくなればすぐに研ぐ。

これしかありません。

研がなくていいものは所詮切れ味が悪いです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nekoさん

2015/6/714:54:35

私も散々包丁いろいろ試しました。
プロに包丁研ぎ頼んだり、砥石を色々揃えたり
ダイヤモンドシャープナー使ったり。

今はエバーカット・フルティフ使ってます。

25年研ぎ不要、一生涯保証。

http://evercut.jp/collections/evercut-furtif/products/furtif-evercu...

mgc********さん

2015/6/506:27:06

質問者様の話を聞く限りでは永切れの問題なので
京セラあたりのセラミック包丁を買うのが良いと思われます。

セラミック包丁の永切れ性能はステンの比ではありません。
ただし、セラミックは固いため一般的な砥石では研げません。
固いセラミックは、さらに固いダイヤモンドで研ぎます。

質問者様は一般的な水砥石で包丁は研がないんですよね?
せいぜいダイヤモンドシャープナーで擦る程度なんですよね?
シャープナーで実現されるレベルの切れ味で満足なんですよね?

それなら、セラミック包丁が最良の選択でしょう。
セラミックはとても固い素材なので、研ぎ減りにくいです。

inb********さん

2015/6/320:31:52

まあ単純に、長切れする鋼材の包丁使えば切れ味持続するけど。
でもそれよりも手入れに問題あるとしか思えない。

>使っている研ぎ機はテレビショッピングなどでよく見るダイヤモンド何とか?の親戚みたいなやつ

それ砥石じゃなくてシャープナーとかの類でしょ。
あんなもん荒い砥石で擦って刃先ぎざぎざにさせて切れるようにするんだから、そんなのずっと使ってればそりゃ刃の消耗が激しくて当然。
本格的に切れなくなる前に2000番くらいの砥石で軽ーく砥いでから仕上げ砥石当てるくらいにしておけば、刃こぼれさせない限りそう極端なペースで砥ぎ減りするもんじゃない。
普通に手砥ぎで砥いでそれなら、単純に砥ぐとき無駄に研ぎすぎ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2015/6/119:12:07

刃が硬い包丁は、刃こぼれしますよ。
ダイス鋼の硬い刃の包丁を使っていますが、ステンレスの物と、長切れは変わりません。
結局、硬い刃の物を買っても、長切れは期待できませんでした。刃が硬いので、砥石で砥ぐのも大変です。

質問者は、ダイヤモンドのシャープナーで砥いでいるのでは、無いでしょうか。
刃の消費は早くて、長切れしない道具ですね。

普通の砥石で、砥ぐことですよ。
普通の砥石だと、週に1回程度、砥いでいたも、2000円位の柔らか刃でも、10年、20年は持ちますよ。
粗砥、中砥、仕上げ砥と3つ用意しておき、粗砥は、刃こぼれした時、鎬を怪我らないといけないくらいにまで、摩耗した時、大体、年に2回程度。
中砥石、月1回程度。
仕上げ砥 週1回程度
で使っていけば、摩耗する速度は遅いですよ。

aue********さん

2015/5/3120:42:08

包丁の性能は価格に比例します。
高ければ高いほど使いやすく良く切れます。
3万円ぐらいから最高硬度のモデルがあります。

さて、
どんなに良い包丁でも、砥げなくては百円均一と同程度の切味です。
普通の砥石で普通に砥ぐことが出来てから、包丁の買い替えを考えましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる