歌うとき、どうしてもちりめんビブラートしかできません。 横隔膜を揺らして出すビブラートは、どうすれば出せるのでしょうか?

歌うとき、どうしてもちりめんビブラートしかできません。 横隔膜を揺らして出すビブラートは、どうすれば出せるのでしょうか?

カラオケ1,357閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

横隔膜を揺らして意図的に自分の自由に思い通りにビブラートをかけたければ、両手で自分の腹を抱えて揺らさない限り、出せません。 歌唱法の世界には、たとえ(比喩)として、へんてこな日本語が蔓延しています。 頭から声を出すとか、胸から出すとか。 #人間(地球人)は頭のてっぺんから声が出るはずないです。 胸から出るのはエイリアンか母乳です。 横隔膜ビブラートもそんなうちです。 歌唱に関しての熟練度(経験値)低い人が、ネット上のまとめサイトなどのインチキな、独自練成理論の解説情報をみても、余計にわけわからなくなるだけ。 なお音楽業界の専門用語(ピアノなど)では >半音下げてもどすを繰り返す は、「バッテリー」と呼ばれます。 これはビブラートではございません。(きっぱり!) カラオケカテに限らず、厨房レベル(俺こんな専門用語しってんでぇ~、大人やろ?的な)若年層の聞きかじりの間違った用語解説、アドバイスは平気でネット上にまかり通ります。 ピアノはその楽器の構造上、ビブラート(トレモロ)ができないのでその代用でバッテリーで弾きます。 顎かくかくビブラート以外は、ある歌唱条件下で、その人に応じて自然に出るものです。意図的に自分の自由に思い通りに出せるようなものではありません。 歌いだしの頭(息の吐き始め)からビブラートがかかるような人は、多分いません。 「ちりめんビブラート」なんて用語も一体どこの誰が言い出した(規定した)のかさっぱりわからない用語です。 ラッスンゴレライ以下。

その他の回答(1件)

0

まず、ビブラートは何を使ってもかまわないですので、いろいろ試してもらって、やりやすいのを選びましょう ちりめんになりやすい人は、ビブラートに関してあせりというか、早く出来たい気持ちがあると思うので、あせらずゆっくりから慣らします 音圧ビブラート 母音を連呼 あーあーあーあーあー 音程上下ビブラート 半音下げてもどすを繰り返す 喉でかける あごビブラート あうあうあうあうあうあう ゴスペルの人がやるやつ 全部、ゆっくりからはじめます ただ、ビブラートは、声量を出す練習で、自然に音圧ビブが出来る場合もあります そのとき、おなかが使われますので、横隔膜ビブというのでしょう ビブラートをしたほうが、声が出やすいし、音程もとりやすいです