ここから本文です

アコギの録音機材のグレードアップ アコギの自宅録音のクオリティを今よりア...

mrt********さん

2015/6/418:59:02

アコギの録音機材のグレードアップ


アコギの自宅録音のクオリティを今よりアップしたいと思っています。ジャンルはpops全般です。
現在主に以下の機材を使っています。

・マイクプリ:

ISA one
・マイク: audiotechnica AT4050
・インターフェース: Steinberg UR28M
・DAW: Windows7,Cubase Pro8
・ギター本体: D-45,28など主にMartin系


この機材での中で、グレードアップする機材の優先度はどれがいいでしょうか。


気になる機材としては、
マイクならakg C451b
マイクプリならvintech x73、AMEK System 9098 DMA
チャンネルストリップならISA430 MkII
とかです。

オーディオインターフェースはもともとmotu 828 hybridを使ってたのですが、不安定過ぎて嫌気がさし、モニター切り替えなど機能面の使い勝手が良いという理由で音質の事は何も考えずUR28Mにしました。



1つずつ揃えていきたいので、出来る事ならば優先度をつけれたらと思っています。


宜しくお願い致します。

補足回答ありがとうございます。
Wavesは代表的なものは持ち合わせております。

現状に不満があるというわけではなく、
自宅で録音したものがそのまま本チャンとして採用、となる機会が年々増えてきたので、より良い音でとりたいのと
人に今の機材を言うと少し不安がられる、という事情もあります。
単に音質の問題とは言えないところが不本意ではありますが、グレードの高い機材を使えば大幅な改善ができるかと思い質問させて頂きました。

閲覧数:
432
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2015/6/617:53:00

>この機材での中で、グレードアップする機材の優先度はどれがいいでしょうか

現状で音に不満は無いとすると、Waves等のプラグインを上手く使って
好みの音作りが出来き、機材でさらなるレベルアップを狙うとすると
オーディオインターフェイスからのグレードアップがお勧めです。

オーディオテクニカ AT4050 を所有してますが、オーディオインターフェイスによる音の違いは結構出ます。
現在、APOGEE Quartetを使用してますが3万以下の物と比べるとレンジが広く緻密で細かなニュアンスがより出るようになります。

単体のマイクプリ出力やLINEレベルを録る時はTRSフォンで入力すると、ほぼ劣化無く録れます。
低価格オーディオインターフェイスとの違いが一番大きく出るのが
この劣化(音やせ)の少なさかも知れないです。

定番ですがRMEならAPOGEEと違いOSに依存せず性能的にも同レベルなので、RMEの新製品 Babyface Pro
...悪くないと思います。

RMEやAPOGEEの本体マイクプリはワイドレンジで高音質だけど個性が無い反面、面白み?も無いので
個性的な音の単体マイクプリやプラグイン等による倍音付加(味付け)は用途によって必要なのは変わらないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nex********さん

2015/6/423:46:41

Martinクラスを使ってるのに、選択肢がコンデンサーマイクだけというのが少し気になりますね。コンデンサーマイクだけだと何をどうやっても低音がほとんど拾えない(特にパームなどは致命的)ので、ピックアップとプリアンプを増設しては、あとは今のままでいいのではないでしょうか?
ピエゾタイプ+マグネット+コンデンサーで、それをミックスすると全ての音を好きに調整できるのでオススメです

ただピエゾとマグネットのステレオ出力を加工ができるレベルの工房があまりない(ステレオミックス可能なプリアンプを作ってるところが少ない)ので、それを見つけるところからですね。オススメはenfiniでしょうか。
だいたいフルセットで20万円くらいです。

まぁつまるところ、そのレベルだともうグレードアップで音は殆ど変わりません、ってのが個人的な印象ですね。

mic********さん

2015/6/423:46:03

Waves Mercury

NEUMANN ( ノイマン ) / M147 TUBE
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/55886/

この2つで済むと思います。

先ずオーディオインターフェース、性能が良ければマイクプリと重複します。
これは余分な倍音が混じるので、避けても良いと思います。

折角DAWがあるのですから、高品質なVSTを使えば殆どの作業が完了します。
録音の基本は、入口をシンプルにする事です。
素直なマイクでシンプルに録音された音が一番マスタリングが簡単であることを再認識しましょう。

HobbyPAmanさん

2015/6/423:11:06

今の機材でどういう不満があって、どういう方向性の音に走りたいのか…程度の話は出てこないと、判断のしようがないですな。

また、アコギばっかりは、演奏者の元音を聞かないことには、何とも判断のしようもないですが。
ギター本体から、どの程度のクォリティの生音が出てるのかがわからないと、仮に現場に候補機材の全てが揃っていても、どうチョイスするかは見当も付きません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる