ここから本文です

菅官房長官が「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」と言った、み...

pla********さん

2015/6/422:25:18

菅官房長官が「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」と言った、みたいに報道されていますが、具体的にどの憲法学者ですか?

というか、長谷部恭男って日本でも五指に入る有名な憲法学者ですよね。

閲覧数:
907
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shp********さん

2015/6/809:17:34

>菅官房長官が「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」と言った、みたいに報道されていますが、具体的にどの憲法学者ですか? 

→ネットなどで名前があげられているのは西修、百地章、八木秀次の三氏のようですが、そろって「安保法制は合憲である」と発言したという明確なソースはありません。

この人なら言いそうだ、的な「風評」レベルのものであり、逆に三氏のいずれかが「安保法制は合憲である」という趣旨の発言を明言した、といつなら明確なソースを出してほしいくらいのものです。

そもそも「合憲であるという解釈自体」が、あり得ないんですよ。

逆に「在日米軍」や「自衛隊」は「憲法違反」である、と主張する憲法学者の方が多数派ですから。

我が国が「米軍基地提供」や、朝鮮戦争、ベトナム戦争の当時から、すでに事実上の「集団的自衛権」を行使してきたのではないか?、という議論なら存在します。

が、それは本来なら「憲法違反」である事を前提に、政府が無理矢理「憲法解釈」で「合憲である」と主張してきた事を問題として取り上げる議論であって、「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」というのは「嘘」です。

以下はあくまでもご参考までに。

実際問題として、我が国においては憲法を頂点とする建前上の法体系の裏側で、「日米安保条約」と「日米地位協定」などを通じて、アメリカが我が国の検察や最高裁を直接指示する、という「違法」な権力構造があり、アメリカの意向を受けた「時の政権」が、我が国よりもアメリカの意向優先の政治を行っている、という現実があります。

にわかには信じられないかもしれませんが、これは本当の話です。

「在日米軍の駐留」が合憲であるかについて争われた「砂川事件」についても、判決が及ぼす安保改定交渉への影響を最小限に留めるために、最高裁で早期に破棄させるため米国の圧力、があったことが、米国公文書で明らかになっています。
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20111209_01.html

「日本国憲法」が、恣意的な「解釈」により、強引な運用をする、というのは、実は今回の安部政権による集団的自衛権の「解釈」にはじまった事ではないのです。

ここで重要なのは、在日米軍をめぐる「砂川事件」においてアメリカの国務長官が我が国の最高検察庁に対して「検察官は次のように述べてもよい」と指示し、最高検察庁がその指示にしたがった、という事実が、アメリカ側の公文書により明らかにされている、という事です。

我が国は、かなり以前からアメリカの意のままにされている、というのが現実であり、現在の安倍政権も、少なくともある程度はそのアメリカ側の意向を受けて政治を行っている、という事です。

我が国において、憲法が「独立主権国家」の最高法規ではなくなっている。

この現実を、まず直視する必要があります。

ウィキにも「砂川事件」の記事があります。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E5%B7%9D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

>古川純専修大学名誉教授は、田中の上記補足意見に対して、「このような現実政治追随的見解は論外」[12]と断じており、また、憲法学者で早稲田大学教授の水島朝穂は、判決が既定の方針だったことや日程が漏らされていたことに「司法権の独立を揺るがす[13]もの。ここまで対米追従がされていたかと唖然とする」とコメントしている[14]。

  • shp********さん

    2015/6/809:46:46

    なぜか竹田恒泰氏の名前があがっているようなので、実際の氏の発言を引用します。
    http://diamond.jp/articles/-/50665?page=5

    >現行の解釈では、日本は集団的自衛権は持っていても行使できないことになっています。手続き上は、政府の解釈を内閣の閣議決定で変えることが可能です。しかし、長年の憲法解釈は一種の憲法慣習を形成しているので、

    解釈変更は事実上、条文改正と同じ効果がある。「解釈を変えればいい」という単純な話ではないのです。

    また、政権によって解釈がブレるようだと、国家の意思決定は不安定になってしまいます。

    それを変えるのであれば、やはり国民の合意をきちんととるべきです。「集団的自衛権を持っているけど行使できない」という状況は、すごくわかりづらい。私は集団的自衛権の行使を、憲法の条文に盛り込むことが筋だと思います

    →私自身は竹田氏は「憲法学者」だとは思っていませんけど、氏が「安保法制」に賛成とは思えません。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/6/11 18:51:29

皆様、お付き合い頂きありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mam********さん

2015/6/809:34:53

安倍総理の私的諮問機関の有識者会議の中に、一人だけ憲法学者が居ると報道されていたので、その人は合憲と言ったかも?違憲と言って多数決で否決になった可能性もあるけど。

竹田って書いてあったけど、憲法審査会の憲法学者の小林参考人の付き人で審査会にいましたよ。

竹田氏は小林先生の教え子だけど、小林先生と違う考え方なのかな?

whe********さん

2015/6/502:12:37

西修先生は?と思ったが、安保法制懇の委員だった……w

cfj********さん

2015/6/500:45:20

お礼:500枚 に目がくらんで、必死に Google で検索しましたが、
今回の「新安保法制」では合憲派を探すのが大変でした。
いかに少ないかということを思い知りました。

hou********さん

2015/6/500:40:00

知りません
放送法を伝授してくれた人じゃないでしょうか

Q 会見で出た、ISILの件でまったく事実と違うことを
延々としゃべっていたコメンテーターというのはTBSなんでしょうか。
A いやいや、いや、違う
Q テレビ朝日ですか?
A どことは言わないけど
Q 古賀茂明さんですか?
A いや、誰とは言わないけどね。(※肯定の反応)ひどかったよね、
本人はあたかもその地に行ったかのようなことを言って
事実と全然違うことを延々としゃべってる
放送法から見て大丈夫なのかと思った
放送法がある以上、事実に反する放送をしちゃいけない
本当に頭にきた。俺なら放送法に違反してるって
言ってやるところだけど

菅ハゲ官房記者会見からお送り致しました

p3c********さん

2015/6/423:53:12

後ろに座ってた竹田恒泰ではないしょうか。
小林節先生を裏切った自多ともに認める右翼憲法学者です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる