ここから本文です

領収明細書の点数について教えて下さい。 昔から掛かり付けの近所の耳鼻科で請求...

kyo********さん

2015/6/1015:56:11

領収明細書の点数について教えて下さい。
昔から掛かり付けの近所の耳鼻科で請求額がこのところ多くなりました。

最近鼻が詰り受診すると慢性の副鼻腔炎ではないかな、と言われ領収書明細を
見ると初診再診料は127点又は76点となっています。
処が医学管理費が以前は10点だったのですが毎回235点となっています。
いつもより点数が多く金額も増えています。
CTや放射線を完備した他の病院の耳鼻科では医学管理等は10点
となっています。どうして高いのでしょうか。
医学管理費は病院によって点数が違うのでしょうか?
あるいは法的に決まっているのでしょうか?専門の方教えて下さい。

閲覧数:
246
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p_e********さん

2015/6/1105:16:46

要するに、医学管理料が
10 → 10+225
になったということでしょう。
下記が加わったという意味でしょう。
ちなみに、明細書で不明なことがあったら質問してね、という主旨の交付の義務化制度です。直接、不明な点は、その場で質問すべきもんですね。

B000 特定疾患療養管理料
1 診療所の場合 225点
2 許可病床数が100床未満の病院の場合 147点
3 許可病床数が100床以上200床未満の病院の場合 87点

注1 別に厚生労働大臣が定める疾患を主病とする患者に対して、治療計画に基づき療養上必要な管理を行った場合に、月2回に限り算定する。

2 区分番号A000に掲げる初診料を算定する初診の日に行った管理又は当該初診の日から1月以内に行った管理の費用は、初診料に含まれるものとする。

3 入院中の患者に対して行った管理又は退院した患者に対して退院の日から起算して1月以内に行った管理の費用は、第1章第2部第1節に掲げる入院基本料に含まれるものとする。

4 第2部第2節第1款在宅療養指導管理料の各区分に掲げる指導管理料又は区分番号B001の8に掲げる皮膚科特定疾患指導管理料を算定すべき指導管理を受けている患者に対して行った管理の費用は、各区分に掲げるそれぞれの指導管理料に含まれるものとする。

  • 質問者

    kyo********さん

    2015/6/1109:45:51

    特定疾患は全ての診療科目に指定されているのでしょうか。
    例えば慢性蓄膿症とかも対称になるのですかね。
    手術して治さない限り常に慢性蓄膿症は治らないと言う事から
    特定疾患と指定されるということですか?仮に手術すれば特定疾患
    の指定から外されるということですか?
    それとも同じ病名で掛かった場合は特定疾患指導料を課せられても
    不思議ではないということですかね。
    ちなみにB000。2と3は理解しています。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/6/12 09:48:40

ありがとうございました。
耳鼻科の先生に確認してみましたら、不思議そうに少し怒っていましたが
元の10点になりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる