ここから本文です

物体を自由落下させた時の距離を求める式がy=1/2gt^2になる理由について 小学生...

shi********さん

2015/6/1313:49:03

物体を自由落下させた時の距離を求める式がy=1/2gt^2になる理由について

小学生で距離=速さ×時間と習いました。

Googleによれば、 速さ = 重力の速さ
= 9.80665 m / t^2 だそです。

とすると (速さ)9.8 m / t^2 * (時間)t で y = 9.8t になりませんか?

小学校や中学校の授業は嘘でしょうか?

他の回答で積分をつかったりしていますがそもそもそんなものを使わないといけない理由、
距離=速さ×時間 だけで 解決できない理由が知りたいです。
平均するから1/2というのもよくわかりません。

は・じ・き万能説が崩れて本当にショックです。

速さ = 重力の速さ
= 9.80665 m / t^2 これも不思議ですよね。
速さのくせに m / t でないのですから。

ここに秘密が隠されている感じですか?

閲覧数:
70
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pur********さん

2015/6/1321:26:48

距離=速さ×時間

これは速さが一定のときしか使えません。
速さが一定なら、どうぞいつでもお使いください。


速さが一定でないなら
距離=速さ×時間
この式の速さって何の値を使うのですか?つまり、速さが0m/sから10m/sへと変化した場合、
距離=速さ×時間
の式に速さは0m/sから10m/sのどれを代入するのでしょうか?

ということで、速さが変化するならこんな式使えるはずがないというのはわかりますよね。

ということで、速さが変化するなら積分をしなくてはいけなくなるのです。



速さ = 重力の速さ
= 9.80665 m / t^2
これは意味不明です。重力の速さって意味わかりませんよね。間違ってます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる