ここから本文です

「よだきい」という方言について。 「よだきい」の意味が大分と鳥取でまったく意味...

gau_gau_777さん

2015/6/1422:24:05

「よだきい」という方言について。

「よだきい」の意味が大分と鳥取でまったく意味が違うのですが理由をご存じないでしょうか。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,758
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

oji_plさん

2015/6/1617:38:48

「よだきい」は古語の「よだけし」が語源となった方言です。「よだけし」には二つの意味があります。
①「大げさだ」「仰々しい」
②「面倒だ」「億劫だ」

大分や宮崎で使われている「よだきい」は②の「面倒だ」「億劫だ」という意味で使われています。

「よだきい」を『日本方言辞典』で調べて見ると、以下のように色々な意味があり、また使用地域も九州から中国・四国地方まで及んでいる事が分かります。
①大がかりだ
②大儀だ
③ものうい
④嫌だ
⑤うるさい
⑥いやらしい
⑦汚い
⑧悪い
⑨恐ろしい

これら全ての意味に共通する話者の心理は「忌々しさ」や「鬱陶しさ」です。

従って、鳥取弁の「よだきい」は「鬱陶しい」「汚い」「面倒な」「品格がない」などのニュアンスで使われているようですが、語源は大分・宮崎弁の「よだきい」と同じく古語の「よだけし」と考えて良さそうです。

なお、中央語が方言化していく経緯において意味が少しづつ変化していく事は良くある事です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。