Pentium4 /Prescottは、燃えますか・・?? → CPUクーラーが止まったら、たちまち焦げるかも・・??

画像

回答(5件)

0

当時のCPUクーラーもグリスの冷却性能ではあの発熱量はキツかったらしいですね。 焦げるより前に止まりそうですが、もしかしたら焦げるかもしれません。 Socket AのAthlonは焦げると言われていますね。「雷鳥」から「焼き鳥」にあだ名が変わったとか…。 Pen 4ですが、特にSocket 478はクーラーのサイズが小さかったですから、冷却には限界があるでしょう。 LGA775用ではそこそこ大きいクーラーも当時からあったようですが、やはりヒートパイプの性能でしょうか。 面白いことに、SMZ-01Rと虎徹Mk IIで冷やせばPen Dとかでも余裕なんですよねぇ。ファンの音すら聞こえません。虎徹のファン止まってるのかと思います。つまり虎徹ほどの性能があれば十分ってことなんですよね…。 まあ130W程度で最大2コア4スレッド。今から考えると大したことないんですよね。 今なんかTDPは130Wで実際は300W以上食うバカみたいなのもありますし…。 3連ファンの巨大簡易水冷をつけても尚、Cinebench R23を回しただけでサーマルスロットリングが起こる怪物が現れるような時代ですから。 Pen 4は私が3歳とか4歳の頃の製品ですので当時は詳しく知りませんが、今のRocket Lakeみたいに皆さん手を焼いていたのではないかと想像します。 そう考えると、ヒートパイプとかファンの進歩もすごいです。

0

celeron D 3.06g をファンなしで動かしたことがあります 起動して20秒くらいで落ちました。焦げ臭い匂いがしました

こんばんわ。 あの頃のインテルCPUは、 クロック至上主義だったせいか、とにかく熱かったですね。 当時使っていた、NECのVR-500という、 一体型パソコンは、ちょっと負荷をかけると、 ファンの音が掃除機レベルの爆音になりました。 我ながら、よく我慢していたものだと思いますが、 あの頃のパソコンに比べると、 今のパソコンは、無音に等しいくらいに静かですね。

0

・・・おはこんにちはッ!・・・ インテルッ!燃えてるッ? ソンなに加熱するんですかッ? ちょっと怖いですねッ!