ここから本文です

株の売り時・・・ 知人が3、40年前のバブル期?に「兼松」とか、 あとどこ...

dyn********さん

2015/6/2915:32:28

株の売り時・・・


知人が3、40年前のバブル期?に「兼松」とか、
あとどこだったか覚えてないんですが株を持っていたそうです。


それが暴落かなんかして大損したみたいなことを言

っていて
ふと疑問に思ったのですが、下がった時に損したと手放さず、
別にそう落胆、悲観せずにそのまま持っておけば、
またそのうち上がってプラスの時もあったということですよね?


今でも普通に存続している企業のものばっかりだったと思います。
長期で考えているものなら下がった時に売るなんてちょっと短絡的?


その頃は証券会社を通していたはずですが、
証券会社は「下がってますが売りますか?」みたいに勧めるものなんですか?
下がっているところを売らせて証券会社に何かメリットが発生する
というようなことはあるのですか?
ちなみに金持ちの人ではないので証券会社からしたら小口客だと思います。

閲覧数:
470
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

atk********さん

2015/6/2916:21:59

>ふと疑問に思ったのですが、下がった時に損したと手放さず、
>別にそう落胆、悲観せずにそのまま持っておけば、
>またそのうち上がってプラスの時もあったということですよね?

なるほど、冷静な第三者からご覧になるとそのように見えるかも知れません。
参考チャートは「8020:兼松」の「1995年2月~2015年6月」の月足です。

高値:1996年6月の「1668円」
安値:2011年3月の「56円」

個人投資家の多くは、株価が上昇している時、出来高の多いときに買う場合が多いです。
友人も1000円以上、賢くとも700円以上で購入されているのではないでしょうか?
おそらく、赤丸のような状態で買われたのではないかと想像します。
悲観せず、そのまま持ち続けても、1/10以下には簡単になりましたが、元の値段に戻る事はなかったでしょう。

>今でも普通に存続している企業のものばっかりだったと思います。

少し前の東電、最近の家電各社を考えて下さい。
30・40年前の超優良会社が、倒産寸前でアップアップの状態です。
株を購入する時は、銀行株・超優良株などと持て囃された会社です。
会社には寿命がありますが、多くの場合、人気絶頂の銘柄を皆さん買い、そこが高値の山です。

>証券会社は「下がってますが売りますか?」みたいに勧めるものなんですか?

あまり勧めないと思います。
1~2割下落して、一旦売りを勧めるのは良心的な証券マンです。
ただ、多くの場合、銘柄を変更して次の推奨株を売りたいという魂胆があります。

個人的に仲の良かった山一の証券マンのみ、
転勤前に全株を売って、しばらく様子を見たほうが良いとアドバイスをくれましたが・・・

>ふと疑問に思ったのですが、下がった時に損したと手放さず、 
>別にそう落胆、悲観せずにそのまま持っておけば、...

  • 質問者

    dyn********さん

    2015/6/3015:38:02

    リーマンやライブドア、マルハニチロ、東芝など、回復するのを見ていて、 本当に単純に「 株価は上下するから持ってたらよかったのでは?辛抱せず安くで売るなんて勿体なかったのでは?」と思ったのですが、参考値を示していただいてびっくり!!
    それほどまでに差があったなんて。
    紙切れは免れても、会社は存続していても、1/10になって、いくら回復してもバブル期を超えることはなく、多くの人が含み損を抱えるような流れが確かにあったんですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/6/30 15:41:56

大変丁寧に教えてくださりありがとうございます!
文字数の関係で返信文が雑になってしまいましたが、無知な私にもわかるように書いてくださり感謝いたします。
納得のいく、勉強になる見方を教えていただきありがとうございました^^☆

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kas********さん

2015/6/2923:08:47

日経平均くらい調べてから質問した方がいいですよ。

バブル期の日経平均の最高値は38000円以上です。
アベノミクスの上げ相場でも、まだその時の60%にも達していません。
38000円付近で買った人は、今まで一度も買値に戻ったことはないということです。(おそらくこれからも、バブル期の値段に戻ることはないと思います)

日経平均をひとつの銘柄と考えると
38000円付近で買った人が売らずにずっと持ち続けていれば、今でも18000円の含み損です。

日経平均は8000円以下になったこともありますから
38000円で買った株を24000円で損切りし、そのお金で8000円の時に3株買っていると、今は20000*3-38000=22000円のプラスになっています。
損切りして、さらに安値になった時に買い戻すというのは、有効な戦略の一つですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

boc********さん

2015/6/2918:50:14

証券会社は、売買手数料を目的に、頻繁に売買を勧めます。

なので、下がっていても、勧めます。

nar********さん

2015/6/2917:48:08

昔から、兼松日産農林は、超有名な仕手株です。
買って、長期に保持する銘柄じゃありません。
上がりはじめた時に素早く買って、すぐに売る
銘柄です。

売らせるんじゃなくて、たとえ、持っていても、
ますます、下落するだけ、と忠告したのでしょう。
それなら、買うときに、この銘柄は仕手株だよと、
忠告するのが、もっと、親切だと言うものです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる