ここから本文です

キリスト教的に人間以外の動物は死後どうなると思いますか?

yna********さん

2015/6/2918:46:01

キリスト教的に人間以外の動物は死後どうなると思いますか?

閲覧数:
522
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ten********さん

2015/6/3001:24:13

聖書は人間の救いについて書かれてある書です。
動物の死後について聖書にははっきり書かれてはいません。
しかし聖書には以下のことが動物について書かれてあります。

1.被造物は人の罪のゆえに苦しんでおり、贖いを待ち望んでいます。
そして、滅びから解放されることを願っています。
「被造物自身にも、滅びのなわめから解放されて、
神の子たちの栄光の自由に入る望みが残されているからである。」
(ローマ人への手紙8章21節)

2.子どもが動物とともに戯れ、
動物も互いに調和して生活している描写があります。
「おおかみは小羊と共にやどり、ひょうは子やぎと共に伏し、
子牛、若じし、肥えたる家畜は共にいて、小さいわらべに導かれ、
・・・(中略)・・・
彼らはわが聖なる山のどこにおいても、そこなうことなく、
やぶることがない。水が海をおおっているように、
主を知る知識が地に満ちるからである。」(イザヤ11章6節~9節)

これらの聖書のことばから推測してみると、動物は人類の罪によって虚無に服し、救われる対象となっており、被造物にも贖いがあります。
これはあくまでも推測ですが、このように考えると、
動物の魂も死後は、天国に行くのではないかと想像できます。
わたしは小さな子どもに尋ねられた場合には
「死んだペットは神さまのところにいった」と答えておいて、
希望を持たせるようにしています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nak********さん

2015/7/308:38:02

分かりません。そのことはまだ知らされていません。
自分だけの考えだと、慈悲深い神ですから、人間と同様に復活するのではないかと思います。そして、この地上で交わした愛情を共有するのではないかと思います。

2015/7/300:20:32

人の幼子(8歳以下)と同様に罪を犯す事が出来ないので、神の住む国(神の国う、日の光栄)に行きます。

あなた次第で愛猫又は愛犬とも永遠に神の国で共に暮らす事も可能です。

今、御霊がそれを私に証してくれましたので、その通りになります。

イエス・キリスト様の御名により証します。アーメン。

秀行學さん

2015/6/3019:41:57

動物=アニマル=阿(悪魔=獣性~=ユダの商人根性)に◯=物主物品幸福論=霊聖、宗教、信仰の信進攻の精進して成長することの否定で、阿天に運しない=怠けて棚から牡丹餅を祈る殻念仏の現代人は地獄で反省させられる。

動物の字源語源は種(四、シード)で物質的にしか動かない人間のことです。

動物は食うこと、子孫を増やすことしか考えない、霊性(左手=火の気)のない自然児で、神を考える善悪を知って精進する、育つ仕組みを与えられていない、因果応報がない、ので、あの世(輪廻転生)もないのです。

命=マイナスを叩いて天に飛ぶ=神人のキャッチボール(信仰生活)をしながら生きることで神に育つ。人間だけが神の子である。動植物は人間の補佐で助(副=女)であるのです。

漢字、地理、歴史、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ

犬、畜生=赤ん坊のままでは死んでいるのである。人間は神の子で、天子、天使である。自己革命、自己実現しなければ犬死にである、勿体ない、DOG×GOD=666→999=究明統一、911テロで人類は目覚める筈(聖書)
大阪(商人根性=ブッシュ)は逆立ちしなければ大震(振=目覚まし)災を受ける。お寺の屋根(仏教の奥義、根本)を見上げるべし

動物=アニマル=阿(悪魔=獣性~=ユダの商人根性)に◯=物主物品幸福論=霊聖、宗教、信仰の信進攻の精進して成長する...

hat********さん

2015/6/3014:27:03

あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。あなたは、ちりだから、ちりに帰る。(創世3:19)

主はわれらの造られたさまを知り、われらのちりであることを覚えていられるからである。
人は、そのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい。
風がその上を過ぎると、うせて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。
しかし主のいつくしみは、とこしえからとこしえまで、主を恐れる者の上にあり、その義は子らの子に及び、
その契約を守り、その命令を心にとめて行う者にまで及ぶ。(詩篇103:14~18)


自然科学的に、ちりにかえる。

sim********さん

編集あり2015/6/3019:42:36

ヨナ書 4:11 ましてわたし(主)は十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか。

創世記 1:28 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。

これらの箇所から何が分かるのかと言うと、人に治められた者たちは、治め主次第と言う事なのです、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと言う譬えと一緒で、治め主の心が聖ければ治められた者たちも同様に聖いとされます。全世界の類物(動物)たちの死後を案ずるのならば、まずわれわれの心を聖める必要があります。恵みとして神からわれわれに管理監督を任せられた者たちの行き場所については、正しい信仰と、その信仰から起こる行動如何によって定まります、どうぞ彼らのシャローム(平安)をお祈りください。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる