ここから本文です

自由と平等は、フランス革命以来、憲法の基本的問題となりました。 多くの政治...

gai********さん

2015/7/112:39:28

自由と平等は、フランス革命以来、憲法の基本的問題となりました。

多くの政治家、法律家、法学者が自由と平等を調和させようと努力を重ねてきました。

私たちは、誰でも自分自身の自由と平等を基本的人権として主張できることを当然のこととして考えてきました。

しかし、今日、多くの政府にとって住民の基本的人権を調整するのがいろいろな場面で徐々に困難になってきていることを認めざるを得ません。

様々な基本的人権や人権に基づく利害が、しばしば、あちらこちらで互いに衝突し、多くの場面で軋轢を生んでいます。

例えば、自由な経済活動を主張する人々と生存権を主張する人々との対立、開発と自然保護、道路建設と立ち退き問題、自由貿易と保護関税といった利害の対立です。

それらの幾つかは、個人の魂の傾向性に起因しているかも知れません。

現在の状況からすると、それらを調整することが困難になってくるでしょう。

という主張をどう思いますか。

閲覧数:
98
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wtm********さん

2015/7/621:37:39

困難になってくるからこそ、尚一層の話し合いと相互理解や信頼関係が必要になるでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

les********さん

2015/7/621:40:25

日本でいえば日本国民の権利と自由です。まじです。

権利は自分で守り、行使するしかありません。
まじです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる