NHKBS『コズミックフロントNEXT』で、「宇宙の果てはどうなっているか」を特集していました。(先週本放送、昨日再放送) 4人の学者の宇宙のイメージ以外は理解し難いんですが、分かりそうで分

NHKBS『コズミックフロントNEXT』で、「宇宙の果てはどうなっているか」を特集していました。(先週本放送、昨日再放送) 4人の学者の宇宙のイメージ以外は理解し難いんですが、分かりそうで分 からなかった点を一つ質問します。 最初の学者さんが「宇宙は無限に続いていて、果ては無い」と説明する時、例として「素粒子が4種類しかないと仮定すると、宇宙は16種類になる」みたいな事を言っていました。同時に、画面には4色のボールが入った四角い囲いが16個並んで表示されました。 4色のボールが4種類の素粒子を表わし囲いが宇宙を表わしてるのは分かるのかですが、なぜ囲い=宇宙が16種類になるのか分かりません。 4色の並び方なら、4×3×2×1=24種類ではないの? 2の4乗が16だから? ちなみに画面では、色は4色のみ、それぞれの囲いには4色のボールが入っている(同じ色のボールが複数入っている囲いは無い)。 番組をご覧になった方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

FC2ブログ337閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

レベル1マルチバースのお話ですね。 >4色の並び方なら、4×3×2×1=24種類ではないの? これは4色を一列に並べた場合でしょう。 円形に並べて向きを変えてみた場合(回転させるって事)に同じなら同一と考えれば、1x3x2x1=6種類ですね。 番組見てないんですが間違ってますね。 理論では番組で言ってる4色の粒子では無く4個分のスペースなんです。つまり粒子は1種類で有るか無いかの2パターンで4個分→4ビットと考えるんです。4個分のスペース全て粒子が埋めても一つの組み合わせとなります。 この場合のパターンは2の4乗通りになります。nビットなら2のn乗通りになります。 なおマルチバースの詳しい解説は↓その木になって55さんのブログがお勧めです。 http://sonokininatte55.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

回答ありがとうございます。 ご紹介頂いたブログも読んでみました。要は、NHKの作った画像による説明は誤りってことですね。ということは、あの学者さんの発言の日本語訳も間違っていたことになりますね。まさか自分の学説を間違るはずないし…。NHKに言った方が良いかも…。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

御回答頂いた皆さん、ありがとうございました。 もやもやが晴れ、スッキリしました。

お礼日時:2015/7/3 8:59

その他の回答(3件)

0

ずいぶんと突っ込みどころのある番組です。 別の宇宙が結晶のように並んでいる図など、 いくら素人相手でも嘘にしかなりません。 下図(上) 4種類の素粒子の箱への入り方は下図の通り 16種類としています。ちゃんと図を見れば その意図は分かると思います。 下図(下) 宇宙が無限なら銀河系と全く同じ素粒子の 状態を持った部分、つまり別の宇宙が必ず あるはずだというのが彼の主張です。 途方もない仮説が色々ありますが、 実証も反証もできない数学上のお遊びです。 しかし数撃てば一つぐらい実証できる説が 生まれるかもしれません。 もし将来、実証できる説が見つかった場合、 それは途方もないものに違いありません。 だから、途方もないという理由だけで その仮説を排除することはできないのです。

画像

回答ありがとうございます。画像提供も助かります。おかげで自分の疑問が的外れでなかった事が確認出来ました。 下の画像の一番上の列は、左上隅が青色のパターンが4つ図示されています。4つのボールを左上→右上→左下→右下の順に言うと、[青黄緑赤]と[青緑赤黄]のパターンが抜けています。同様に残り3列でも各々2パターンずつ抜けていて、合計8パターン足りない状態です。

1

2^4=16でしょ そんな単純な話とは思えませんが(笑)…どの素粒子で宇宙が構成されるかを論理的に考えるなら…全く素粒子が無い宇宙、素粒子Aだけが在る宇宙、素粒子Bだけが在る宇宙…素粒子AとBが在る宇宙…素粒子AとCが在る宇宙…全ての素粒子が在る宇宙となり、16通りになります。

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 その通りなんですが、画面上の16個の囲みの中には、全部4つのボールが描かれていました。ボールがゼロ個の囲みや1個だけの囲みが描かれてたらそれで納得出来たんですが、そうではないので…。

0

見ましたが、疑問は生じませんでした。 4×4=16ということではないでしょうか?