ここから本文です

寿司屋でお茶のことを「あがり」と言われますが、なんの意味でしょう。 (ただし、...

aok********さん

2008/2/1122:59:45

寿司屋でお茶のことを「あがり」と言われますが、なんの意味でしょう。 (ただし、「食事の締めに飲む」ではないそうです。)

閲覧数:
35,518
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ain********さん

2008/2/1204:46:38

あがり
寿司屋ではお茶のことを「あがり(上がり)」と言う。本当は一番最後に出されるお茶のことだが、なぜあがりと言うのか。この語源となっているのは寿司屋ではなく江戸時代の遊郭にある。
花柳界、遊郭では客が出入りする際にはお茶を出していた。一番最初に出すお茶のことを「お出花」、一番最後に出すお茶を「上がり花」
と呼んでいた。お茶は「引く」ことに通じ、商売人はこれを避け、同時に華やかさの1つとして言い換えていたと考えられる。
ちなみに寿司屋で使われる湯飲みは大きい。屋台の寿司屋が主流だった頃、お茶を入れる手間を省くために大きくなっている。またお茶は
普通のものより熱く入れられている。これには冷めにくいと同時に、寿司を食べた後、口の中の脂分を落とすという目的がある。
http://www.union-net.or.jp/cu-cap/agari.htm
あがり
あがりとは、お茶のこと。
【年代】 江戸時代〜 【種類】 専門用語
あがりの解説
あがりとは寿司屋におけるお茶のことである。あがりの語源は江戸時代の遊郭(花柳界)で「最後のお茶」という意味で使われたのが
始まりという説や「ウチにあがっていかないか?」といってお茶を出したからという説などあるが詳細は不明。どちらにしてもお茶は
「お茶を引く」というように「引く」に通じる言葉であるため、あがりが好んで使われるようになった。あがりは本来店主や職人など
店内の人間が使う言葉であり「あのお客さん、食事はあがったみたいだからお茶出して」という意味で「あがり一丁」という場合がある。
こうしたことから中には知った顔で「あがりください」と言う客を嫌う寿司職人もいるので注意が必要である。
http://www.zokugo-dict.com/01a/agari.htm
あがりの語源・由来
http://gogen-allguide.com/a/agari_cha.html

質問した人からのコメント

2008/2/12 15:06:57

成功 なるほど。これは勉強になった。

「あがり お茶」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hg_********さん

2008/2/1200:04:18

いろいろねた をたのんで食する際にネタによっては脂っこいものもあれば同じアブでも種類によって味が違うのでそのネタを食べた後に前の味を消す役割で熱めのあがり(お茶)で口直しをして次のネタの味を吟味できるような役割だとおもいますせど。。

goo********さん

2008/2/1123:05:34

あがりとは寿司屋におけるお茶のことである。あがりの語源は江戸時代の遊郭(花柳界)で「最後のお茶」という意味で使われたのが始まりという説や「ウチにあがっていかないか?」といってお茶を出したからという説などあるが詳細は不明。どちらにしてもお茶は「お茶を引く」というように「引く」に通じる言葉であるため、あがりが好んで使われるようになった。あがりは本来店主や職人など店内の人間が使う言葉であり「あのお客さん、食事はあがったみたいだからお茶出して」という意味で「あがり一丁」という場合がある。こうしたことから中には知った顔で「あがりください」と言う客を嫌う寿司職人もいるので注意が必要である。

ということでした!

コピーなので読みにくくてすいません!

sak********さん

2008/2/1123:01:05

遊郭で来客時に出した上がり花からだそうです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる