ここから本文です

昨日の『天皇の料理番』を観て思ったんですが・・・ 昭和天皇は本当にあんなに心...

yoj********さん

2015/7/1311:33:26

昨日の『天皇の料理番』を観て思ったんですが・・・
昭和天皇は本当にあんなに心の広い方だったんでしょうか?

閲覧数:
406
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ina********さん

2015/7/1316:01:09

昭和九年、高崎の陸軍大演習に昭和天皇がお出ましになった際、桐生にも行幸したが、この際に先導の警部が緊張のあまり道を誤ってしまい、行き先の順序が逆になってしまうという事があった。
道を間違えた警部は昭和天皇が召し列車に乗って前橋駅を離れるタイミングで自害を図り、命を取りとめたが重い障碍が残った。
また、昭和11年の2.26事件では昭和天皇が激怒して討伐を主張し続けた影響もあって、数年前の5.15事件とは比較にならないほどの厳罰が青年将校たちに下った。

こうした経験を経て昭和天皇は自分の一挙手一行動が、関わる人々の命運を左右することを痛感し、多少のことでは騒がず、むしろ発覚前にたくみにはぐらかしたり、隠蔽したりすることに努めるようになったという。
もっとも昭和天皇はそれ以前からおおらかなところがあり、奇人として有名な植物学者・南方熊楠と面会した際、南方が桐箱などではなく森永の卸売用の大きな木製キャラメル箱で標本を献上したのを怒るどころか面白がり、後々まで懐かしんだという。

質問した人からのコメント

2015/7/19 19:39:43

皆さん回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ina********さん

2015/7/1802:34:40

憲法は米国ユダヤが創る→事実だぞよ!ではなんで天皇を象徴とした余りの無能者で使い物にならずで苦肉の策でしただけのことである、米も日本の象徴なれば富士山は百も承知である、馬鹿げた憲法9条始め全部が異常である、天皇皇族どもは必要なし皇居から叩き出してしまうのだ。憲法を護れだの言うとる民主・共産・社民など気違いである馬鹿どもが武力武装をして初めて国の平和が保てるのである米国は頼りにならんぞ、国民の9割も馬鹿しかおらんしのう貴様らは座して死を受け入れれるか時間の問題で中国は100%日本を侵略攻撃してくるので戦争準備態勢を整えねばいかんのだ、天皇の馬鹿などこん棒で殴つたれ糞が。

bri********さん

2015/7/1800:43:50

心が広いという一言では到底尽くせません

戦後の日本の学校教育もメディアも
左翼傾向が非常に強く(皇室に対して否定的な立場をとっているので)
国民は、史実を知らせてもらえる機会がありません

なんと

GHQのマッカーサーは
昭和天皇のことを尊敬し、
「日本の最上の紳士」とまで讃えています
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/kaiken/sub_kaiken.html

日本は大変な国難を乗り越えましたが、
戦後、本土に残された日本国民が皆、無事で
日本に現在のような平和が訪れたのは
昭和天皇のお陰だと思います

【証拠】昭和天皇、マッカーサー会談に同席した通訳官の証言
http://www.nicozon.net/watch/sm22667262

心が広いという一言では到底尽くせません

戦後の日本の学校教育もメディアも...

ann********さん

2015/7/1316:54:10

その番組は見ていませんが、
原則的に 昭和帝は激しい御気質の方でした。
しかし、生来の御気質が激しいとは言え、
帝の一言が人の生き死ににまで関わる事を御存じで、
それ故に相当の我慢をされている事が知られています。

昭和帝は間違いなく「心の広い帝」でしたけれども、
努力の末に手に入れた御気質だったと言う面もあります。

激しい御気性を、
比較的そのままお見せになった例として、以下の事例があります。

1929年に田中義一首相を叱責した時
・・・田中は昭和帝の激しい怒りを受け辞任、数ヵ月後に急死

1936年の2・26事件にて陸軍を叱責した時
叛乱の翌日に「凶暴な将校共に赦しを与える必要などない」
「直接近衛師団を率いて叛乱部隊の鎮圧に当たる」と激怒

1941年に杉山陸軍参謀総長を叱責した時
対米戦争の見通しの甘さを指摘して厳しく叱責
・・・杉山は何とも思っておらず辞任もしていない

1945年の宮城事件にて叛乱軍に囲まれた時
「兵の前に出向いて諭そう」と言い出し侍従たちに止められる

戦後、侍医の杉山にフグ論争をしかける
・・・フグを食べてはならないという侍医に反論

という事で。
昭和帝自身、その怒りによって田中首相が急死したことを悔やみ、
御自身の激しさが暴走しないように気を付けていたようです。
『昭和天皇独白録』によると、
これを理由に拒否権発動をせぬと決めた旨が明記されています。

ruu********さん

編集あり2015/7/1312:00:10

そのようです。

確か、天皇陛下の料理に何か入っていた話は実話です。

糸だったか何だったかは分かりませんが。

その時に「入っていたのが他の方の料理ではなく、私ので良かった」とおっしゃったそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる