ここから本文です

切腹の抱き首の「首の皮一枚残す」ってどうゆうことですか?

mas********さん

2015/7/1500:18:08

切腹の抱き首の「首の皮一枚残す」ってどうゆうことですか?

どうやって首の皮一枚を残して切るんですか?

閲覧数:
24,933
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lon********さん

2015/7/1614:58:33

首の皮一枚残すと言うのは、達人の業です。
誰でも出来たわけではありません。
だからこそ、見事な介錯として語られるのです。

要するに首をスコンと落としてしまうと
首がコロコロ転がって庭の土まみれになったりして
見苦しいので少し切らない部分を残すのが上手な介錯であると
言うことなんです。

介錯で必要なのは一瞬で延髄と頸動脈を
切断することですからなにも、皮一枚残すことが
絶対に必要な訳ではないのです。

介錯での失敗は一撃で命を取ることが出来ず
何度も斬撃を繰り返すことです。
かの三島由紀夫氏の割腹での介錯でも首を打ち落とすまでに
数度の斬撃が行われたと聞きました。

こういう事態になっては切腹人の苦痛を増すばかりです。

さて昔の武士の嗜みとした居合の中に「据物斬り」という
技術があるのですが、これが首を打つ練習として
効果があるとされていました。

とにかく練習のために生きた人間の首をコロコロと
落とすわけには行きませんから、
この場合は太い青竹の回りに畳表を巻きつけ
一昼夜水に浸した棒状のものを立て
それを斬るのです。打ち首の練習には畳表2枚を巻きます。

練習を積むうち力の入れ加減、斬り込みの角度など
首を打つための技術が身に付きます。
しかしながら、この場合も綺麗にスパッと切り落とす
練習はしますが、普通一部だけ残して切るような
練習はしません。

こういった「据物斬り」が上手い人の中から介錯人が
選ばれることになります。

太平の世では切腹も、それほど多くはありませんから
経験豊富な介錯人と言うのは稀です。ほとんどの介錯人は
初めての経験になります。

とはいうものの切腹の場は非常に神聖な場でもありますから
たとえ未経験であっても、介錯に失敗するのは
大変な恥になります。ですから介錯人に選ばれた人は
本番の前に結構練習を繰り返して
本番に臨んだもののようです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「だき首」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる