ここから本文です

日本軍の間に合わなかった兵器について。 大東亜戦争の敗因については、軍部の...

m1o********さん

2015/7/1611:42:09

日本軍の間に合わなかった兵器について。

大東亜戦争の敗因については、軍部の先見のなさや工業力の低さ、基礎技術の不足など、様々な原因が指摘されています。

太平洋戦争は回避すべきだったことは重々承知の上ですし、歴史にifはないこともわかっていますが、あえてお尋ねします。

(もし軍部が陸海で連携して、軍部が陸海で連携して、来る航空機時代をきちんと予見し(大鑑巨砲主義にとらわれず)、かつ資源も史実より豊富だった(実際、東南アジアではもっと採掘量を増やせたという説もありますが)という条件で)

日本軍が開発中もしくは試作段階で中止または終戦を迎えた兵器は数多く知られていますが、その中で、もし戦況が悪化するまでに(ミッドウェーより前に)開発に成功し量産体制に入っていれば、圧倒的に勝利できたとはいかないまでも戦況をひっくり返すくらいのものはあったのでしょうか。
陸海空にわけてお答えください。
(※この中には「富嶽」のような当時の技術じゃ絶対的に無理なものは抜きとしますが、開発自体は可能だったものの軍部の反対で中止になったもの(四発の爆撃機などなど)は含むことにします。)

あくまで、当時の日本軍首脳に先見の明があったという前提に重きを置いてお答えください。

軍事については専ら素人の質問ですが、よろしくお願いします。

補足非常に勉強になる回答の数々、ありがとうございます。
それでは、日本は開戦した瞬間から物量で圧倒的な差をつけられており、その差は例え現代兵器の技術を持ってしても(原爆などいくつかの例外を除いて)埋めることは不可能であったため、いわゆる「間に合わなかった兵器」が間に合ったところで、なんの足しにもならず戦局が覆ることはなかった、ということになるでしょうか。

閲覧数:
545
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gyo********さん

2015/7/1612:37:49

>大鑑巨砲主義にとらわれず
俗説としてよく言われる海軍は大艦巨砲主義に囚われたせいで云々という話は真に受けないほうがいいですよ。そもそも航空機開発とは何ら対立していない要素です。
海軍の戦闘機開発行政についてはちょっと問題もありましたが、基本的には元々の技術力不足が一番大きく響いているので上層部の方針や少々の資源で解決するのは難しいでしょう。一番重要なハイオクタンガソリンは石油資源があっても製造技術が無ければ作れませんし。そして何より高性能な機体が作れてもそれを活かせるパイロットの大量養成が事前に進んでいないとどうしようも無いです。戦前(日中戦争やノモンハン事変をやっている最中)から戦闘機の生産を減らし燃料備蓄を削ってでも練習機を大増産して大量養成を始めておくならともかく、開戦後に南方の資源を手に入れてからではもう間に合いません。飛ぶのがやっとの新米パイロットに高性能機を与えてバタバタ撃墜されるだけという構図が繰り返されるだけです。

>開発自体は可能だったものの軍部の反対で中止になったもの(四発の爆撃機などなど)
四発重爆開発に軍が反対したなどという事実はありませんが・・・。陸海ともに四発重爆は軍側が開発させようとしたものの自力では不可能なため外国製をベースに使おうとし、それ自体は結局上手くいかなかったもののその経験を生かして国産にチャレンジしたが実用化は間に合わず、という流れです。
三菱が一式陸攻の計画時に四発案を提示して蹴られた件を言っているならあれはそもそも中島が四発の大型陸攻、三菱が双発の中型陸攻を分担する計画だったからです。三菱まで四発陸攻を作っていたら双発陸攻は誰が作るんだって話ですからね。そして三菱の海軍機部門が経験の無い四発機に見本も無しに挑戦したとして、無事に実用化出来る保障はどこにもありませんでした。

  • gyo********さん

    2015/7/1612:46:41

    陸戦兵器について言えば、対米戦は主に島の獲り合いなので周囲の制海権制空権を奪取されたらいくら強力な陸上兵力があっても補給を絶たれて遠からず枯死することになります。なので陸戦兵器が少々高性能だったとしてもそれで戦局が変わるというのは難しいでしょう。既存の兵器のみでも多数の火砲と豊富な弾薬備蓄さえあれば硫黄島や沖縄(どちらも火力密度で米軍に対抗できている間は健闘している)のように善戦は出来ましたし、それにしたって制空権や制海権を奪還出来なかったことで結局負けているわけですからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/7/23 07:50:45

どの回答も自分にとっては大変勉強になるものでしたので、ベストアンサーは迷いました…
戦後70年を迎えてこういった議論が活発化し、関心を持つ人が増えればいいなと思います。
ご回答ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k1_********さん

2015/7/2109:18:38

仮にの話・・答え簡単、アメリカより先に、核開発を成功させ、主要都市か軍港に原爆投下・・被害甚大・フェミニストの米国、女性達が戦争反対の泣きを入れる。よって終焉。これ以外無し、通常兵器で戦っていれば、国力に勝るアメリカに、どんなに手段を講じても、結局国力負けの結果が待っていた。

jf2********さん

2015/7/2108:43:45

荒唐無稽な話ですが、
強烈な電磁波で相手を焼き殺す
「殺人電波兵器」
なるものを真面目に開発していた。
静岡県島田市の牛尾原という所に、
後年ノーベル賞受賞する物理学の権威
湯川秀樹博士や朝永振一郎博士といった荘々たる面々を呼び集め研究させていた。
この技術は後に研究が進み「電子レンジ」として結実した

yta********さん

2015/7/1922:13:46

>いわゆる「間に合わなかった兵器」が間に合ったところで、なんの足しにもならず戦局が覆ることはなかった、ということになるでしょうか。

はい、おっしゃるとおりです。
まあ兵器がどうのというより
ルーズベルトを暗殺して戦争を未然に防ぐしかなかったかと。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pf_********さん

2015/7/1920:48:05

強いて言えば艦載用の対空レーダーですかね

八木アンテナを無視するなど日本のレーダー技術は
遅れていましたけど

現実を無視して

もしミッドウエー作戦時、日本海軍艦艇に
対空レーダーが装備されていれば

ミッドウエーで日本海軍は壊滅することなく

順当に行けば
日本の空母4隻健在
米空母2隻撃沈

ハワイから目と鼻の先のミッドウエー占領

太平洋には日本の空母しかいなくなり
当面やりたい放題

ハワイ攻略も視野に入ってきたはずです。

ハワイを攻略が成功すれば、

太平洋全域からオーストラリア、東南アジア方面
がほぼ日本海軍の軍事制圧下になります。

1,2隻の米空母が出てきても各個撃破が可能ですし

米西海岸にも、日本軍の空襲を警戒して
航空、対空兵力を配置する必要が出てきて

米軍の反抗が可能になるのは大量の空母が完成する
1944年になってからです。

と考えれば山本の考えていた早期講和も
可能性としては出てきたかも?
(というのが元々山本五十六が考えていた
ミッドウエー作戦の目的なんですがね)

bok********さん

2015/7/1810:00:17

自分がリアルに考えて、通常兵器ではまあ無理でしょう。

核兵器も、実現したとしても運ぶ手段が船しかありません。たどりつけませんね。

そうなると、BC兵器。若干具体的に言うと細菌兵器。それぐらいしか実現可能な強力な兵器は思いつきません。

当時風船爆弾が米本土に多数到達していたので、アメリカは当初BC兵器の使用を想定しパニックに陥りました。当時、BC兵器の開発は日本にも可能でした。

実際に使用していたら、日本にももっと強力なものをばらまかれたでしょう。使用しなかったのは正解と思います。

自分がリアルに考えて、通常兵器ではまあ無理でしょう。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる