ここから本文です

家の設備について質問です。 家を新築するに当たり、いくつかの項目で迷っていま...

joc********さん

2015/7/2118:39:53

家の設備について質問です。
家を新築するに当たり、いくつかの項目で迷っています。
というか自分に知識がなく、また、HMさん、不動産屋さん等の
意見がそれぞれ違うため、混乱しています。

1.全館空調について
40坪前後の家を建てる予定です。
1FにLDK、水回り、独立した洗濯室。
2Fに主寝室、子供部屋2つ、納戸かフリースペース。
ざっとこんな感じにしたいです。
Tホームズさんは全館空調押しで、施工費も150万位です。
建築士の方の自宅も全館空調を採用しているけど、
そんなに電気代は高くない、とのこと。
ただ、坪単価が高く、やや予算オーバー気味です。
F工務店さんは、全館空調にしたいと言ったら
ちょっと驚いた感じでした。止めはしないけど
電気代がセレブな感じになりますよ、とのこと。
施工費は250万位とのことでしたが、坪単価が
安いため、全館空調にしても、F工務店さんの方が
若干安く上がりそうです。
どちらのHMさんも2×4ですが、Tホームズさんの方が
高気密/高断熱を全面に出している感じで、F工務店さん
の方はデザインやインテリア重視って感じです。
ネットでメリット/デメリットは散々読みましたが、
電気代かからない派と、尋常じゃなくかかる派といて、
結局のところ、導入してみないと分からない、ということ
なんでしょうか?

2.オール電化について
土地は購入済みで、都市ガスが使用できます。
夏場のガス調理器での暑さや、掃除のしづらさから
IHが良かったのですが、F工務店さんからは
都市ガスが通っているなら、ガス併用の方を
おすすめすると言われました。
高熱費的には、ガス併用とオール電化、どちらが
安いのでしょうか?
また、こんなメリット/デメリットあるよ、
こうすればもっとお得にできるよ、というのも
教えてください。

3.太陽光発電について
東西に長い長方形の家の形にする予定で、南側からの採光も期待でき、
また、埼玉県で日照率が高いため、あるHMさんからは
結構発電できると聞きました。
パネルも5K~8K位は載せられそうです。
全館空調、オール電化を検討していることもあり、
載せない手はない、と思っていましたが、F工務店さんは
元がとれるかどうか怪しい、勧められないとのことでした。
最近は太陽光パネルを設置しているお家も多い気がしますが、
冒険なのでしょうか?

F工務店さんは施工費も予算内に納まるし、デザイン的にも、
間取り的にも現段階では一番気になっています。
また、色んなアイディアを持っているため、もっと細かい
ことを決める際も頼りになりそうです。
が、どうもデザイン/間取りばかりに特化して、上記3点については
渋っているのか、本当にやらない方がいいのか分かりません。

みなさんの意見を広くお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
588
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_l********さん

2015/7/2208:05:50

1、全館空調について、これは家の断熱性能によりますね。
でも単純に考えて、部屋だけじゃなく家全体に冷暖房かけるわけですから当然エアコンの比では無いくらい電気代かかると思います。

2、オール電化について、光熱費だけ考えれば断然オール電化がお得だと思います。それぞれのメリットデメリットがありますので、何を優先したいかですね。

3、太陽光については、他の方も仰る通り初期費用次第です。ザックリですが、定価なら元とれないかもしれませんね。
でも、災害時などに電気が使えるというメリットはあります。

質問した人からのコメント

2015/7/26 09:54:59

皆様の意見、とても参考になりました。
3項目とも的確に答えていただいたのでBAとさせていただきます。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miy********さん

2015/7/2519:19:38

全館空調は解りませんが、
オール電化は「光熱費だけ」を考えるならありでしょう。 ただ、非常時を考え備えるなら、併用が良いでしょう。
実際、先日停電の際、オール電化のお隣は、料理はおろか、お湯すら沸かせず困ったそうです。
電気は止まっても、ガスコンロは点くので我が家は困りませんでした。

また、太陽光発電は売電で元を取るつもりならやめた方が良いです。 間違い無く元は取れません。
蓄電池と併せて、万一停電になった際の保険と考え、売電した分で一部費用が帰って来てラッキー程度で考えるなら有りです。

どちらにせよ、何が起きるか解らない今、ライフラインの根幹、エネルギー供給をバックアップ無しの一つに頼るのはどうかと私は思います。

因みに、我が家は電気、都市ガス併用、太陽光発電、蓄電池の組み合わせです。
基本は電気、熱を必要とするものはガス、昼間は太陽光は売電、電力は蓄電池から、夜は深夜電力で蓄電池を充電。
非常時は電気、ガスどちらか、電気が止まれば太陽光発電から供給すると共に蓄電池へ充電。夜は蓄電池から給電。

と、こんな感じである程度エネルギーの自給自足が出来るようにしてます。

因みに蓄電池は先日の台風での停電で早速役にたち、夜でも何不自由しませんでした。

mer********さん

2015/7/2511:03:17

「発電日記」やブログランキングの「太陽光発電」で検索されると設置された方の営みでてきますのでご参考ください。

太陽光発電の設置には経験と専門知識が必要ですから、設置業者任せになることが多くなると思います。

ですから初めて設置する場合は複数の設置業者に見積もりを出してもらって、各業者を比較しながら学んでいくほうが何かと効率がいいと思いますのでまずは「信頼できる設置業者」を選ぶことに専念されてください。

「信頼できる業者」に「見積もり」を依頼すれば、利益が出ない屋根には太陽光発電の設置はしません。利益が出ないという予測が出た時にはちゃんとその旨を顧客に報告して それでも設置するかどうかをきちんと顧客に問います。(基本的にトータルで利益が出ない住居には設置しません)

逆に利益が出るとなれば、 ご自宅と一番相性のいいソーラーパネル(メーカー)を選んでくれるので、複雑で面倒なメーカー選びもしなくて済みます。

それから新築時の太陽光発電の設置は住宅メーカーの言い値になることが多いと言われています。

数千万円という高額な住宅の本体価格のほうに太陽光発電本体価格を最初から上乗せされてたら「本当の価格はわからなくなるのでは?」という疑問があるためです

数千万円ですから100万円くらい上乗せされたところで気づくのは難しいでしょう。住宅の専門家でもない限り、適正価格を見破るのは厳しいと思います。

適正価格を見破るのは無理としても、必要以上に価格を吊り上げられないために、他の設置業者で見積もりを取って住宅メーカーにおおいに競って頂きましょう。

結果的に他社で取った見積もりと住宅メーカーの見積もりの価格が同程度であれば何も問題はありませんが、必ずそうなるとも限りません。適正価格ではなかった時の保険を掛けるつもりで他社の見積もりを取られてください。他社の見積もりを持っていれば必ず交渉する際に心強い味方になってくれます。

今はインターネットで気軽に無料で見積もり依頼ができますので一度見積もられると良いでしょう。こちらに業者の選び方載ってますのでご参考にどうぞ
http://so-taiyo-ko-hatuden-itiran.asia/

沢山見積もり出させて競合させてみると対応やサービスなどの違いで会社の良否もかなり浮き彫りになってくるので怪しい業者の見極めも容易になってきます。少しでも多くのサイトで少しでも多くの会社の見積もりをして競合させてみてください

ちなみに比較するポイントは

1.「売電見込み」
(1)収入
①20年間の発電量
②売電単価
③20年間の売電収入
④補助金収入

(2)支出
①設置費用(工事費、申請費、諸経費込み)
②メンテナンス費用、20年間
③税金、その他費用
④撤去費用



2.「保証期間」
(1)売電出力保証値と保証期間 (2)設備保証内容と保証期間




3.「.設備見積もり」
(1)設備費・・・・・・合計金額XXX円

①太陽電池モジュール
②パワーコンディショナ
③接続箱
④発電モニター
⑤架台
⑥売電用メータ
⑦その他

(2)工事費

①基礎工事
②据付工事
③電気工事.
④運搬、輸送費
⑤申請費用(電力会社、補助金)
⑥工事諸経費

(3)その他経費

①税金
②その他



4.「上記1から3の見積り有効期間」

ご参考にどうぞ。

jir********さん

2015/7/2119:42:09

1.全館空調
その家の断熱性能次第です。ですので、文面だけでは何とも言えません。建築士の方の月々の電気代は確認されましたか?それが一つの目安になると思います。

2.オール電化の可否
生活スタイル次第です。オール電化ですと、電気代が朝晩、昼、夜の三区分で変わります。(昼と夜の2区分のケースもあり)
よって、日中在宅で電気をガンガン使うようなケースではかえって割高になるケースもあります。逆に、日中不在がちのお宅ならオール電化のプランに向いていると思います。

3.太陽光について
東西でも、南向きの85%位は発電します。ですので、載せて元が取れるかどうかは設置価格次第です。なお、屋根の角度は東西向きの場合、30度程度の勾配がある方が良いようです。

mit********さん

2015/7/2118:56:40

全館空調の意味がよく分からないのですが、マルチエアコンのことでしょうか。
住宅では室外機を置くスペースがない場合や、部屋数が多い場合に採用されますね。
ただ、室外機がすべてのエアコンを同時運転したときの容量があるので1台だけエアコンを使っているときなど少し不経済ですね。
オール電化、太陽光の方は他の方におまかせします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる