ここから本文です

日本語の質問です。 縁日などで露天商を営業する人を的屋と言いますよね?

アバター

ID非公開さん

2015/7/2208:42:57

日本語の質問です。

縁日などで露天商を営業する人を的屋と言いますよね?

調べると日本では昔から組という組織的概念(雇用制度)があり
的屋も広義には親分、子分関係を基盤にするという事でした。

ここからが本題なのですが、組織的な関係、力関係としての序列が
あるならば的屋を纏める存在はなんと呼ばれるのでしょうか?

胴元(これは賭博なので違う気がします。尤も、縁日の籤も捉えようによっては博打と呼べなくもないかもしれません)、元締め、組長、親分等が挙げられる気がしますがどれも
今一つ釈然としません。

的屋を纏める役職(?)名をご存じの方がいましたらご教示願います。

閲覧数:
213
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2015/7/2208:52:17

テキヤは古くからヤクザと深い関係を持っています。
テキヤを束ねていたのは、ヤクザの親分です。
身内からはオヤジさん、外部の人間からは親分さんと呼ばれます。また、正式な呼称としては、その組織の名称が○○組なら組長、○○会なら会長です。

アバター

質問した人からのコメント

2015/7/27 17:07:23

沢山の回答有難う御座いました。
なかなか複雑ですね。ベストアンサーは最初に回答してくださった方にします!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moe********さん

2015/7/2213:26:28

すでに出ている回答がばらばらなのは、つまり的屋の形態はたいへんに複雑で、それぞれもヤクザもいれば個人の行商人もいて、またお祭りの主催者もいろいろだから、誰がボスということは特定できないからです。
芸能人のボスは誰か決めろというようなもので、それはムリなんですよ。
的屋のまとめ役の的確な言葉はない、が正解だと思います。

kam********さん

2015/7/2211:23:42

kar********さん

2015/7/2210:55:28

大正期には「天神(テンジン)」と呼ばれた「親分」が「ねた(抄っ品)」や「ねたひん(資本)」を「子分」に貸出し、売った代金の歩合を受けたいたようです。
「てんじん1[天神]①親分。(博徒・香具・労働者)」(楳垣実編「隠語辞典」東京堂出版)

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2015/7/2210:54:26

「元締め」と言います。娘が徳川慶喜の妾になったことで有名な新門辰五郎は、江戸浅草の香具師(的屋)の元締めです。その他、鳶の頭なども兼職してますけど・・・。子分の的屋が納める場所代などの重みで押入れの床が抜けたという話が伝わっています。因みに、新門辰五郎はヤクザではありません。少なくとも江戸では、的屋と博徒ははっきり分かれていたそうです。

god********さん

2015/7/2209:00:51

親方という様です。、

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる