ここから本文です

病院などで使用している「ホルマリン(固定液)」の正しい保管方法について教えて...

kao********さん

2015/7/3111:00:01

病院などで使用している「ホルマリン(固定液)」の正しい保管方法について教えてください。法令を読んでも漠然とした内容ですし、ウェブで見ても個々の病院などで取扱いに差があるように思えます。

これが必要、というはっきりしたをご存知の方お教えください。または記載されているページ等をお教えください。

閲覧数:
7,291
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2015/7/3116:51:01

化学の学生ですが、こういった危険物をよく調べるので、首を突っ込ませていただきます。

http://j-shiyaku.ehost.jp/msds/043/06028150.pdf
これの「7.取扱いと保管上の注意」を参照してください。
見ると、「有毒」「人体に有害」を示すマークもありますので、まずはこれを意識して扱うように。
このMSDSの物質ほど濃度は高くはないとは思いますが、それでも有機物。可燃性ですので、必ず火の気のない場所、火が回らない場所で保管するようにしてください。
容器は遮光し(これをやらないと光、特に紫外線によって分解されます)、部屋の温度を20~30℃に保った上で、高温や直射日光を避けてください。
酸化剤(オキシドールなど)には十分気をつけてください。ホルマリンには還元性があり、自身が酸化して蟻酸(HCOOH。これも危険な物質です)が発生してしまいます。
容器はガラスや、プラスチックであればほとんどすべての材質が使えますが、ナイロンは変質しやすいので使わないように、とのこと。ガラス容器や、ポリプロピレン製のものがよいでしょう。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/dl/s1211-16c01.pdf
これの最後3枚を参考になると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2015/7/3115:07:14

正しい保管法と言うのは、法令的にってことですか?

であれば、劇物に相当しますので、他の薬品と分けて、鍵のかかる保管庫に『医薬用外劇物』の表示を目立つところに付けて保管してください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2015/7/3114:17:55

該当する法律は
劇毒物法
労働衛生法 特化則

よって、鍵の掛かる薬品棚に保管して、定期的に、棚卸する。
換気の良いところに、保管する。少し、換気扇で吸引ぎみの所。
他に、低温、高温は、避けるですね。
また、特化則の規定から、大量に保管する場合は、地下などに、防油堤を設けたところに保管します。

消防法は、届け出だけで可能です。
数量規制はされません。

また、数年前に、特化則が改定され、ホルマリンを扱う作業場は、局所換気装置、または、プッシュプル換気装置が必要になりました。
おかげて、医学部の解剖実験では、プツシュプル型換気装置が、解剖台1ごとに必要になり、プッシュプル換気装置を製造しているところは、大繁盛しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる