ここから本文です

経済学の問題がわかりません GDPを示す恒等式をここでは[1] Y=C+I+G+EX-IMと、[2]...

アバター

ID非公開さん

2015/7/2522:58:31

経済学の問題がわかりません
GDPを示す恒等式をここでは[1] Y=C+I+G+EX-IMと、[2] Y=C+S+Tで考える。

[1]に含まれるYはGDP、Cは消費、Iは投資、EXは輸出、IMは輸入とし、[2]に含まれるSは貯蓄、Tは政府税収(国民からすれば納税額)とする。昨年のA国の国内生産額GDPは700兆円であった。この年の財政収支は均衡しており税収と政府支出はともに輸入額の2倍であった。投資は150兆円、輸出は80兆円、貯蓄は100兆円であった。ここから消費の金額と輸入の金額を求めよ。

という問題です。[1]の式からC+IM=470までは導くことができましたが、それ以降ができません。ちなみに答えは消費額=340兆円、輸入額=130兆円 です。
解説よろしくお願いします。

閲覧数:
403
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

reo********さん

2015/7/2523:16:24

[1]
Y=C+I+G+EX-IMに与えられた数字を入れると
700=C+150+G+80-IM
[2]の式
Y=C+S+Tに与えられた数字を入れると
700=C+100+T
ここで財政収支は均衡しているのでG=T
よって
700=C+100+Tは
700=C+100+Gと置き換えられます
700=C+150+G+80-IMを変形すると
470=C+G-IM ・・・①
700=C+100+Gを変形すると
600=C+G ・・・②
②を①に代入して
470=600-IM
IM=130
政府支出は輸入額の2倍なので
G=260 ・・・④
④を②に代入して
600=C+260
C=340

アバター

質問した人からのコメント

2015/7/26 00:03:29

丁寧な解説ありがとうございます。
わかりやすかったです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる