ここから本文です

最近、自国の活動とは別で中国をターゲット?として活動するKpopグループが増えて...

アバター

ID非公開さん

2015/7/2814:32:07

最近、自国の活動とは別で中国をターゲット?として活動するKpopグループが増えていますが、いわゆるチャイナマネーはやはり日本の音楽市場とは比べものにならないのでしょうか?

中国は韓国以上に違法ダウンロードが横行していると聞きました。
いくらここ最近、日本のCDの売れ行きが悪いと言っても、それだけ違法ダウンロードが身近にある環境に比べれば売り上げはそれなりに良いと思えるレベルだとは思います。が、やはり中国は人口が多いだけに、楽曲を正規ルートで購入する人達がたとえ少数でも、それなりの売り上げがあるのでしょうか。サイン会や握手会の参加券が付いていたら、一人に対する枚数はともかく皆さん正規で購入するでしょうし…

コンサートに関しても、中国はお金を払ってまでしてコンサートへ行くという習慣があまり根付いていないと聞いたことがあります。
それに、これは私の勝手な印象かもしれませんが、韓国中国に比べて日本のKpopファンは平均年齢が若干でも高いように感じます。ライブは何度でも行きたい、握手会サイン会も気が済むまで行きたい、お金は惜しまない、という考え方の人が日本には多いように感じます。
中国の方達もさすがに単独コンサートとなればお金を払ってでも行くとは思いますが、そう何度も…となるようには思えません。※偏見のような言い方で申し訳ないですが

それでもやはり中国での活動の方が儲かるのでしょうか。
CMの契約金やテレビ出演のギャラの方が、儲けと考えた時の比率が大きいのでしょうか。

日本でもっと活動をしてほしい、というよりは、中国の方が儲かるという考えに少し納得ができないという感じです。
私がわかっていないだけで、一人あたりが使うお金なんてものはさほど関係なく、中国という国で活動するだけで莫大なお金が発生するのかもしれませんが…

閲覧数:
156
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dur********さん

2015/7/3105:31:17

今現在世界一の音楽市場は日本です。市場の大きさは中国とは比べるべくもありません。しかし韓国は国策で韓国の文化を海外に輸出し、国家ブランドを高めようとしています。そういった政策の一環です。さらに、中国と韓国は近年経済的に結び付きを強めています。そこらへんの事情も大きいようですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sai********さん

2015/7/2901:22:50

お疲れ様デス。 御質問ですが、私論としては、中国進出する韓国人歌手と言うのは、韓国人特有の、「見栄」から来るモノだと思います。

チァイナマネー云々の話は、韓国人歌手のターゲットと言うのは、一般の中国人な訳で、一般中国人が操れる「お金」なんてのは、たかがしれてるのではナイかと思います。また、日本円と、中国元では、「貨幣価値」が違いすぎると思います。よって、韓国人側からすると、「儲け」は、二の次のような気がします。「儲け」を第1に考えるとすると、やはり、日本に進出する事だと思います。

それよりも、彼ら韓国人からすると、海外(中国も海外です)でも活躍してると言う、見栄を張りたいのではナイかと思います。 本心は、日本進出したいんだと思いますが、歌手としての実力がないとか、日本にコネがないとか、日本語が話せないとか、色々理由で、断念してるんだと思います。

さらに、我々日本人も、基本的には、自国より、文化の進んだ国で、名を上げたいと言う気持ちがありますよね。 例えば、日本人歌手が、アメリカ進出とかです。 よって、韓国人も馬鹿ではないので、日本と中国、どちらが文化が進んでる国なのか、分かってますよ。

以上、長々と、私論、申し訳ありませんでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる