ここから本文です

男女問題で依頼した弁護士が相手からからの一方的な無茶な慰謝料請求に全く弁護し...

アバター

ID非公開さん

2015/8/107:29:57

男女問題で依頼した弁護士が相手からからの一方的な無茶な慰謝料請求に全く弁護してくれず、私側の弁護士の力の無さに滅入っています。

偶々、数年前も父親の遺産相続で法テラスからの紹介を受けた顔見知りの弁護士だった為に、今回も依頼しました。

3年前の父親の遺産相続の時も、結局遺留分すら取る事が出来ずに弁護士費用とこちらの労力のみで終わった数ヶ月でした。

今更、弁護士を変えるのも、着手金発生してるので、どうしようもないですが、他の弁護士さんにセカンドオピニオンを聞きたいのですが、家庭裁判所では、セカンドオピニオンは、聞けないのですか?

閲覧数:
181
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2015/8/110:23:36

>他の弁護士さんにセカンドオピニオンを聞きたいのですが、家庭裁判所では、セカンドオピニオンは、聞けないのですか?

家庭裁判所は弁護士ではない。よって、家庭裁判所で弁護士のセカンドオピニオンは聞けない。

他の弁護士事務所にセカンドオピニオンを聞きに行くこと。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kuj********さん

2015/8/117:00:43

セカンドオピニオン

法でいえば それは上告ということになります。

家庭裁判所→地方裁判所→最高裁判所

弁護士が気にいらないのであれば罷免して新しい弁護士に変更すればよいだけです。

x_i********さん

2015/8/109:06:51

弁護士と契約したのですから、セカンドオピニオンはあり得ません。

原因は弁護士との意思の疎通か、弁護士の能力不足だと思います。

着金は勿体ないですが、解任して新に弁護士を探すのが賢明だと思います。
解任しないなら、その弁護士の尻を叩いて仕事をさせる以外ないと思います。

後は、調停を申し立てるかになると思います。

bnf********さん

2015/8/108:03:51

うーんどういう状況か分かりませんのであなたの主張が妥当なのか何ともいえないです、相手の言い分をほぼ認めてしまう、認めざるを得ないのか、幾ら頑張ってもあなたの方は不利なのか、今検討中なのか、それが分かりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる