ここから本文です

なぜ厚労省はジェネリック医薬品の普及を半強制的に推し進めているのでしょうか?

kam********さん

2015/8/319:24:31

なぜ厚労省はジェネリック医薬品の普及を半強制的に推し進めているのでしょうか?

調剤薬局にて、「厚生省が進めているので、ジェネリックにしますが、いいですよね」という
言い方で、ジェネリック薬品への変更を薦められました。

個人的には、ジェネリックで効かなくなる経験(薬)があったため、
長期服用でもする薬じゃない限り、ジェネリックにしないポリシーでおります。

やはり、国の医療費削減のためでしょうか?
社会保険は直接関係ないと思ったのですが、そんなことないのでしょうか…

閲覧数:
283
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nik********さん

2015/8/718:09:22

>国の医療費削減のためでしょうか?

基本的には、それはその通りです。
少しでも医療費を削減したい国の思惑が働いています。

少なくともジェネリックが、先発品に対し効能的に劣ることは
有っても凌駕することは決してありません。
当たり前ですが。

もう一つ、理由があって、患者に直接薬を出す
薬局の都合です。ジェネリックを数多く出すことによって
国から薬局に対して、病院の診療報酬おける薬局版の
報酬が加算されるから。これが、延べ一件につき
200円以上の加算がされることになっています。

一人一件につき200円以上ですから、
それが数百人に成れば、それこそ多少、患者を誤魔化しても
先発品から、ジェネリックに変えたがる理由としては
誰の目から見ても明らかです。

>社会保険は直接関係ないと思ったのですが

社会保険も最終的には管理しているのは国ですから。
社会保険組合自体も、少子高齢化でどこも火の車です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jik********さん

2015/8/500:44:58

>長期服用でもする薬じゃない限り、ジェネリックにしないポリシーでおります。

それでOKです。
結局最終的には先発メーカーが責任をとる事になるから。
ジェネリックの使用を推進していく事も必要だけど最終的な判断は患者さまです。

ジェネリックメーカーの最終的な供給責任まで考えるようになると良いんですけどね。

sei********さん

2015/8/319:45:55

病院に掛かった時、貴方が窓口負担3割、残りを社会保険の掛け金の中からと、国が税金から払います。貴方が毎月社会保険の掛け金どのぐらい払ってますか、考えればわかりますよね。だから国が口を出します。ジェネリックで効果がない事考えにくい他の原因では。鰯の頭も信心から、ブラシボ効果でメリケン粉でもある程度効果があるそうです。その逆ではないですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる