ここから本文です

ゴルフのスウィングについてです。

mir********さん

2015/8/1706:55:28

ゴルフのスウィングについてです。

ドライバーでのインパクトの瞬間、右肩が突っ込むクセが直りません!
いくらインパクトでは体は正面にって意識しても動画で見てみると突っ込んでるし打球も左に飛び出ることが多いです。
プッシュアウトを意識してもその時はできても右に出てくれてもいざ普通にスウィングしたらやはり右肩が突っ込んでしまいます。
何か右肩が突っ込まないようにする練習法とかドリル?みたいなことってありますか?
皆さんのご意見お待ちしてます。

閲覧数:
1,188
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2015/8/1709:23:19

⛳️「Q」→インパクトの右肩?

「A」→肩を意識するのでは無く「アゴ」を意識すると良い
かも知れません。

① 頭に記憶した目標に、ヘッドの重さをリリースするまで、
. アゴを右膝の後ろにキープさせる。

イ.フットワークが使えないと、ダウンが上半身始動に成って
. ドアースィングのインパクトになるかも知れません。
. サイドスローのピッチィングをイメージするとフットワーク
. が使えると思います。

ロ.リリースする時、左の首筋も踏ん張らないとアゴは上がって
. しまうかも知れません。

ハ.手と足のグリップもチェックが必要かも知れません。
. テニスの後にゴルフを始めた方なら、ドアスィングに
. なり易いかも知れません。

②プッシュアウトの時はOKなら、それもアリだと思います。

③ 椅子に腰掛けての素振りも良いと思います。椅子OKの
. 練習場なら、椅子に座ってボールを打つ。
. 椅子がダメなら、右足少し引いて左脚1本で打つ‼︎ダウンで
. 腕では無く左脚に体重増やして頑張る‼︎

★スィング見られないので、参考意見です。

  • 質問者

    mir********さん

    2015/8/1717:14:24

    ありがとうございます!
    ところでドアスウィングって初めて聞きましたがどんなのですか?
    私は野球出身です。関係ないかもしれませんが4番を打ってました。
    5年ほど前に始めた時にはスライスで悩んでいましたが色々試行錯誤して今はドロー系になりました。でも最近急に引っかけ出したので悩んでるところなんです。
    色々教えて頂いてありがとうございます!全部試してみます!
    あ、椅子以外はね…

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wat********さん

2015/8/1912:14:45

ヘッドを球のすぐ後ろとちごて、20センチくらい後ろに離したところ(アイアン打つ時と同じ場所)からテイクバックの始動をしてみたらどや?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

akb********さん

2015/8/1911:16:14

NHK Eテレで「チーム芹澤に学ぶゴルフ」を放映中ですが、前回は西山ゆかりプロが、右肩が突っ込むのを矯正するためと言うことで、芹澤プロから3番ウッドで、ドライバーと同じ高さにティーアップしたボールをティーを飛ばさないでストレートボールを打つ練習をさせられていました。本屋にはそのテキストが売られていて、56~57ページに掲載されています。参考に!

gol********さん

2015/8/1910:57:56

ダウンスイングやインパクトで「右肩が突っ込む現象①」の構造分析するとい~かもしれません(*_*)


~~~
「ダウン~インパクトで右肩・ヘッド間距離が変わらない②」が現象①の原因として想定されます
↓↓
インパクトでヘッドがBallを捉えるために(事象②の補正作業として)支点としての右肩を移動する必要が生じるって事・・・・事象②を修正すれば良いとなります


基本的なスイングでは「トップの切り返し」に続くダウンスイング初期の「シャフトの立ったクラブを右内肘で支える姿勢③」が重要です
↓↓
姿勢③では右内肘がキチンと位置制御され、{クラブ+前腕}の運動支点として機能する必要があります・・・右肘関節の“関節の遊び”を利用してクラブ重心をシャフトプレーン始点に移動する作業ですが、この作業では現象的にクラブヘッドが右肩から遠ざかります⇔ヤッタネ(^^)v

さらにシャフトプレーン上のシナリ動態を経てインパクトへの移行過程ではクラブ重心の支点が右内肘⇒左内肘に移行します・・・左内肘でも右内肘同様に“関節の遊び”を利用してクラブ重心が左方移動しますが・・・現象的にはやはりクラブヘッドが右肩から遠ざかります⇔またまたヤッタネ(^^)v


【結論】
現象①の原因は左右内肘の利用法の不具合がベースにあるので、肘関節の利用法を意識したドリルなら有用ですよ

左右内肘の姿勢制御の必要条件は
適正な下半身運動(片側股関節位置固定型骨盤回転)に連動する上半身作業(下部胸椎群の柔軟性維持)が確立されていること、「トップの切り返し」に重大な欠陥を組み込んでないこと・・・ガンバッテー(∞*・3・*)ノ

スイングを{下半身作業群+上半身作業群}&{アドレス・テイクバック・トップ・ダウン~インパクト}の2系列に分割し、段階的に構築するとい~かもしれません
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n218644 図-2

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

deb********さん

2015/8/1823:25:22

右足下のかかとにボールを踏んでスイングの練習をして下さい。必ず突っ込まなくなりますよ!頑張って下さいね!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ewz********さん

2015/8/1814:30:50

1.ボール位置を内側にずらしてみましょう。
2.右肘を伸ばしてインパクトする(少し曲がった位が理想ですが、野球の癖で90度になっているのでは?)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる