ここから本文です

読書家にうかがいます 佐野研二郎さんは 境界性人格障害ではありませんか 自分...

yas********さん

2015/8/1712:01:45

読書家にうかがいます
佐野研二郎さんは
境界性人格障害ではありませんか
自分を偉大なデザイナーであると錯覚して次から次へと無意識のうちに盗作を繰り返す

おそらく発症は高校時代に遡ると思います
いかがですか


症状の機軸となるものは、不安定な思考や感 情、行動およびそれに伴うコミュニケーショ ンの障害である [2] 。

具体的には、衝動的行動、二極思考、対人関 係の障害、慢性的な空虚感、自己同一性障 害、薬物やアルコール依存、自傷行為や自殺 企図などの自己破壊行動が挙げられる [5] 。ま た激しい怒り、空しさや寂しさ、見捨てられ 感や自己否定感など、感情がめまぐるしく変 化し、なおかつ混在する感情の調節が困難で あり、不安や葛藤を自身の内で処理すること を苦手とする [6] 。

衝動的行為としては、性的放縦、ギャンブ ルや買い物での多額の浪費、より顕著な行為 としてはアルコールや薬物の乱用がある。さ らに自己破壊的な性質を帯びたものとして、 過食嘔吐や不食などの摂食障害がある。自己 破壊的行為で最も重いものは自殺であるが、 そのほかにもリストカットなどの自傷行為、 自殺企図(薬物の過量服薬等)により実際に 死に至ることもある。

同一性に混乱のある境界性パーソナリティ障 害の患者は、常時不安を抱えて生きてい る。神経症の患者の不安感は、症状に関わる ことだけに限局しているが、限局化する能力 の乏しい境界性パーソナリティ障害の場合、 いついかなる時も不安感にさらされることに なる。この常につきまとう不安感は、他人か らみたら一見とるに足らない理由でパニック を惹起することとなる [7] 。

患者にとって自己破壊的行為は、不安や混 乱、葛藤などの不快な感情の迅速な解消手段 となりうる。環境や自分の内で生じたストレ スを、行動によって軽減させることを「コー ピング(coping)」という [8] 。散歩をする、 友達と食事に行くなどのような健全なコーピ ングは問題にならないが、不適切なコーピン グが恒常的に現れた場合、患者はそれ自体に 苦しむことになる。

補足環境や自分の内で生じたストレスを、行 動によって軽減させることを「コーピング(c oping)」という [8] 。散歩をする、友達と食 事に行くなどのような健全なコーピングは問題 にならないが、不適切なコーピングが恒常的に 現れた場合、患者はそれ自体に苦しむことにな る。

佐野研二郎の場合はコーピングがコピー(盗作)だった訳です

コーピング,佐野研二郎,コミュニケーション,ギャンブル,ストレス

閲覧数:
569
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dat********さん

2015/8/1715:20:35

この人がどうのというより、使用する側の問題でしょう。

  • 質問者

    yas********さん

    2015/8/1715:23:04

    佐野研二郎を使用したのは森喜朗さんです(笑)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる