ここから本文です

クッキー=ビスケット?

gtj********さん

2015/8/2907:37:38

クッキー=ビスケット?

閲覧数:
48
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kab********さん

2015/8/2910:15:40

材料もレシピも違うので別の食べ物ですよ~。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nam********さん

2015/8/2922:46:54

そうです。

クッキーとビスケットを区別しているのは日本のお菓子業界ルールです。(日本ビスケット協会)

油脂が多いやつはクッキーで少なくて硬いやつはビスケットだよ~ってことですが、

ヨーロッパでは硬い小麦粉の焼き菓子は全て『ビスケット』と呼びます。

『ビスケット』って、『よく焼いた菓子』という意味なんです。

日本でいうクッキーのこともビスケットと呼びます。

クッキーという名前もありますが、「クッキーはビスケットの一種」になります。

逆にアメリカだと硬い焼き菓子はみんなクッキーで、日本でいうビスケットのこともクッキーと呼びます。

そして、スコーンのような分厚いソフトクッキーのことをビスケットと呼びます。

まとめます

・硬い焼き菓子はみんなビスケット。クッキーはビスケットの一種。
・日本ではクッキーは油脂たっぷりでサクサク、ビスケットは油脂少なめでパリパリ硬い。
・アメリカではみんなクッキー。
ビスケットは分厚く柔らかい。

hia********さん

2015/8/2922:57:32

アメリカでのことですが・・・
南部のマックにはビスケット・・というものがありました
ボッソボソのまずいマフィンのようなものでした。
イングリッシュマフィン(日本の朝マックの)とは全く違うカップケーキのようなマフィンのほうです。

北部のマックにはありません、朝マックのマフィンはありました、

ビスケット。。って「二度焼く」という意味だそうです、フランス語からきてます
南部はフランスの影響が強いですよね

日本でいうところのクッキーは北部でも南部でもクッキーでした。

日本ではクッキーとビスケットはさほど違いはないけど国によっては違うんですね。。びっくりです。

yu2********さん

2015/8/3103:13:13

クッキーはオランダ語クークが語源で
ビスケットはフランス語ビスキュイが語源です。

日本でしか区別してないらしいですがヽ(´o`;

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる