ここから本文です

ANAの客室乗務員が、この一年で3人も滞在先で亡くなったと知人から聞きました。 ...

shi********さん

2015/9/301:55:43

ANAの客室乗務員が、この一年で3人も滞在先で亡くなったと知人から聞きました。
客室乗務員、CAの仕事ってそんなに過酷な労働環境なのでしょうか?

閲覧数:
81,635
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

am0********さん

2015/9/522:37:14

ANAのCAの仕事は国内線の場合、4日働いて2日休みの6日周期です。
約10年前は3日働いて1日休み、3日働いて2日休みの9日周期。
過酷な労働環境とは言えないと思います。
国際線の場合は、時差がある、ロングフライトなので、フライト中は過酷な労働環境かもしれません。
香港で話題になっているニュースで、キャセイパシフィック航空のクルー達についての物があります。
南アフリカにフライトで入り(乗務)、そこでレンタカーを借りた3名のクルー達の車が事故し、2名死亡だったかな、1名怪我をしているらしい。
こういう事故は本当に不幸な事ですが、その不幸の話より、話題に上っているのがこのポイント。
キャセイの組合側が会社に「これは労災だから、お金払え!」と言っているらしい。
ここでのポイント。
*乗務で南アフリカへは入っている。
*渡航先に滞在中、レンタカーを借りて事故している。
渡航先で事故や怪我が起きた場合、勤務中と考える会社がほとんどではないでしょうか。しかし、ここではレンタカーを借りて、事故している。
個人的には、レンタカーを借りる時、保険に入るべきなので、その保険が下りるべきでは?多分保険は下りると思う。
しかし、自ら車を運転士事故した場合、それも会社の責任になるのだろうか。
もしくは自ら車を運転し、誰からぶつけられ被害者になった場合、会社の責任になるのだろうか。
このあたりを把握していないのので、なんといも言えませんが、我が社の場合、滞在中に事故した場合、労災と考えられます。
しかしその事故とは、階段から落ちたり、歩いている時に何かが落ちてきたり、または転んだり、など、こういう事故の事。
自ら車を借りて運転し、事故して亡くなった場合も労災???
この辺り、法的に労災と認められるのでしょうか。
キャセイパシフィック航空が、どういう返答をするのか興味があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「客室乗務員 死亡」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる